お困りのあなたの為のQ&A

適材適所の対策機器をご紹介
お困りの方の為のQandAです。今置かれている状況と照らし合わせながらぴったりの盗聴・盗撮対策機器をお探しください。

様々な用途に合わせた調査方法、
調査機器を下記(Q,1〜Q,33)にてご紹介しております。

question1,盗聴器の発信電波を捉えるには?
question2,盗聴電波の周波数を確認するには?
question3,特殊盗聴器の発信電波を捉えるには?
question4,盗聴電波の音声信号を復調するには?
question5,電波環境と盗聴電波・盗撮電波を電波の波形と周波数で確認するには?
question6,デジタル式盗聴器の通信電波を捉えるには?
question7,デジタル型無線式盗聴器の本体を見つけるには?
question8,アナログ無線式盗撮器の発信電波を捉えるには?
question9,盗撮電波の周波数を確認するには?
question10,デジタル型無線式盗撮器の発信電波を捉えるには?
question11,偽装型無線式盗撮器の発信電波を捉えるには?
question12,盗撮電波の映像&音声信号を復調するには?
question13,記録型盗撮器を見つけるには?
question14,記録型盗聴/盗撮器を見つけるには?
question15,携帯電話端末のデジタル通信電波を捉えるには?
question16,携帯電話端末のデジタル周波数を確認するには?
question17,携帯電話端末の本体を見つけるには?
question18,車両用追跡音間欠発振器の発信電波を捉えるには?
question19,GPSとは何のこと?
question20,GPS発信器・GPS追跡装置の通信を捉えるには?
question21,GPS発信器・GPS追跡装置の本体を見つけるには?
question22,GPSロガーの本体を見つけるには?
question23,密かに隠された電子機器を見つけるには?
question24,盗聴器が集音する音声を抑制・抑止するには?
question25,コンクリート・マイクが集音する音声を抑制・抑止するには?
question26,ガン・マイクが集音する音声を抑制・抑止するには?
question27,レーザー盗聴器が集音する音声を抑制・抑止するには?
question28,ICレコーダーの録音を抑制・抑止するには?
question29,携帯電話の録音を抑制・抑止するには?
question30,カセットテープレコーダーが録音する音声を抑制・抑止するには?
question31,ハイテク・カンニングの仕組みとは?
question32,携帯電話の不正使用を監視するには?
question33,盗聴器/盗撮器の不正使用を監視するには?
Q1,盗聴器の発信電波を捉えるには?
answer.1 無線式盗聴器は、その盗聴器が使用する固有の盗聴電波が発信・送信されます。基本的な盗聴電波として、FM帯、VHF帯、UHF帯のアナログ式の電波が使用されます。FM放送帯にある周波数を使用した盗聴器はほとんど使われません。 理由としてラジオのFM放送周波数帯で簡単に受信できるため遊びで使用するには最適な盗聴器ですが、盗聴器としての機能で考えるならば最適な盗聴器ではありません。したがって、盗聴を目的とする場合にはFM帯の盗聴器を使用せず<VHF帯の盗聴器>もしくは<UHF帯の盗聴器>が使用されます。 【盗聴周波数帯】
FM帯 76~90MHz FMラジオの周波数帯を使った盗聴器.
VHF帯 135~155MHz VHF周波数帯にはアマチュア無線・消防無線・警察無線などの多くの無線局が割り当てられている.
UHF帯 339~443MHz UHF周波数帯にはタクシー無線・アマチュア無線などの多くの無線局が割り当てられている.
UHF帯 710~790MHz(特殊機器) 隠ぺい工作やスパイなどプロの現場で特殊工作用盗聴器に使われる.盗聴器発見を困難にさせる為の特殊な周波数帯.
このような無線式盗聴器から発信・送信される盗聴電波を捉えるためには、当該場所内で発信・送信される電波の探査・探知・検出・発見・調査が行える検出機器を使用します。一定範囲内にある電波を捉え、その電界強度を検出し、高精度に表示することできる検出機器を使用して、盗聴電波を捉え、盗聴電波の有無を確認し発信源を突き止めます。 ※盗聴電波の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた検出機器があります。
DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探 知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 【DTK-608H】 \26,800- DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-608H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-606H Rev3】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-606H Rev3】 \26,800- 【DTK-606H Rev3】 は、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度で行えます。 ※【DTK-606H Rev3】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-607H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-607H】 \34,800- DTK-607Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-607H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-610H】GPS発信器・盗聴器・盗撮器・調査機器 【DTK-610H】 \39,000- DTK-610Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-610H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
【DTK-611H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-611HS】 \88,000- DTK-611HSは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。多彩な探知モード機能(4モード)・ガードモード(音)・ガードモード(音/バイブレーション)など、使用環境に対応した電波探査・探知・検出・発見・調査が行える多機能搭載型検出機器です。 ※【DTK-611HS】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DFC-8900PH】 プロフェッショナル・ハンドヘルド・デジタル周波数カウンター 【DFC-8900PH】 \198,000- DFC-8900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0GHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・ハンドヘルド・アナログ&デジタル周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9900PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9900PH】 \278,000- MDFC-9900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0MHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9902PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9902PH】 \378,000- MDFC-9902PHは0MHz~10000MHz(10GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。0MHz~6000MHz(6GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測を高精度で行えます。周波数カウンターモード・Livescanモード機能・ライブグラフモード機能・メモリログモード機能・音声復調モード機能により高精度な探査・探知・検出・発見・調査が行えます。 ※【MDFC-9902PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
Q2,盗聴電波の周波数を確認するには?
answer.2 無線式盗聴器から発信・送信される盗聴電波には、固有の周波数(MHz)があります。基本的な盗聴電波として、FM帯、VHF帯、UHF帯のアナログ式の電波が使用されます。FM放送帯にある周波数を使用した盗聴器はほとんど使われません。 理由としてラジオのFM放送周波数帯で簡単に受信できるため遊びで使用するには最適な盗聴器ですが、盗聴器としての機能で考えるならば最適な盗聴器ではありません。したがって、盗聴を目的とする場合にはFM帯の盗聴器を使用せず<VHF帯の盗聴器>もしくは<UHF帯の盗聴器>が使用されます。 【盗聴周波数帯】
FM帯:76~90MHz FMラジオの周波数帯を使った盗聴器.
VHF帯:135~155MHz VHF周波数帯にはアマチュア無線・消防無線・警察無線などの多くの無線局が割り当てられている。
UHF帯:339~443MHz UHF周波数帯にはタクシー無線・アマチュア無線などの多くの無線局が割り当てられている。
UHF帯:710~790MHz(特殊機器) 隠ぺい工作やスパイなどプロの現場で特殊工作用盗聴器に使われる.盗聴器発見を困難にさせる為の特殊な周波数帯.
既存の無線式盗聴器に最も多く使用されている周波数はAチャンネル・Bチャンネル・Cチャンネルと呼ばれている周波数があります。これらのチャンネルには、VHF帯のAチャンネル・Bチャンネル・Cチャンネル、UHF帯のAチャンネル・Bチャンネル・Cチャンネルがあります。 【代表的な盗聴電波の周波数】
UHF帯盗聴周波数
398.605MHz
VHF帯盗聴周波数
139.970MHz
UHF帯盗聴周波数
399.455MHz
VHF帯盗聴周波数
140.000MHz
UHF帯盗聴周波数
399.030MHz
VHF帯盗聴周波数
139.940MHz
一般的な量産型の無線式盗聴器の周波数は、従来の各A・B・C・チャンネルの他にUHF帯のD・E・Fチャンネルの盗聴周波数を持つ無線式盗聴器があります。理由として従来の各A・B・Cチャンネルの周波数は、あまりにもメジャーな盗聴周波数であるため、簡単に他の傍受者に盗聴電波を受信されてしまいます。 他の傍受者に便乗盗聴されるのを少しでも防ぐ意味でUHF帯のD・E・Fチャンネルの盗聴周波数を持つ無線式盗聴器が使用される傾向にあります。その他、隠ぺい工作やスパイなどプロの現場で特殊工作用盗聴器に使われ、盗聴器発見を困難にさせる為の特殊な周波数帯、710MHz~790MHz帯の特殊盗聴器などにも注意が必要です。 【無線式盗聴器に使用される今後注意する周波数】
UHF帯
Dチャンネル 320.235MHz
Eチャンネル 320.675MHz
Fチャンネル 321.135MHz
320Mhz帯は航空無線に割り当てられている周波数であるが、この周波数帯を利用して盗聴電波を送信する。 710Mhz~790Mhz帯の特殊盗聴器.隠ぺい工作やスパイなどプロの現場で特殊工作用盗聴器に使われる、盗聴器発 見を困難にさせる為の特殊な周波数帯。 今までに日本国内で密かに仕掛けられた無線式盗聴器で、その周波数が判明した盗聴電波の各周波数です。
【判明した盗聴電波のFM帯の周波数値】(周波数の単位:MHz)
FM帯を使用した無線式盗聴器から発信される盗聴電波は、市販のFMラジオでその発信電波を受信し音声を聞くことができるため、秘匿性の低い無線式盗聴器といえます。現在も国内ネット通販、海外ネット通販、販売店などから購入することができますが秘匿性が低いため使用されるケースはVHF帯・UHF帯を使用する無線式盗聴器と比較してかなり少ないと思われます。
  • 26.095
  • 26.995
  • 27.000
  • 27.145
  • 32.000
  • 34.450
  • 36.000
  • 36.665
  • 40.855
  • 42.000
  • 49.830
  • 55.150
  • 56.500
  • 75.600
  • 76.000
  • 76.200
  • 76.500
  • 83.450
  • 85.800
  • 他未確認周波数
【判明した盗聴電波のVHF帯の周波数】(周波数の単位:MHz)
  • 105.850
  • 110.150
  • 124.085
  • 124.090
  • 129.450(特殊Dバンド)
  • 134.000
  • 134.160
  • 134.900(特殊Aバンド)
  • 135.000(特殊Bバンド)
  • 135.365
  • 136.600
  • 137.320
  • 137.445
  • 139.400
  • 139.450
  • 139.600
  • 139.700
  • 139.900
  • 139.940(VHF-Cバンド)
  • 139.960
  • 139.970(VHF-Aバンド)
  • 139.9751
  • 139.980
  • 140.000(VHF-Bバンド)
  • 140.050
  • 140.450
  • 140.500
  • 141.000
  • 141.480
  • 142.900
  • 143.205
  • 143.780
  • 143.850
  • 143.880
  • 143.910
  • 143.940
  • 143.950
  • 143.970
  • 144.000
  • 149.000
  • 149.450
  • 149.505
  • 149.895
  • 150.000
  • 150.500
  • 152.290
  • 153.330
  • 153.350
  • 153.890
  • 154.000
  • 154.585
  • 167.710
  • 182.820
  • 222.365
  • 298.980
  • 299.320
  • 他未確認周波数
【判明した盗聴電波のUHF帯の周波数】(周波数の単位:MHz)
  • 311.095
  • 311.155
  • 320.235(UHF-Dバンド)
  • 320.675
  • (UHF-Eバンド)
  • 321.135(UHF-Fバンド)
  • 339.030
  • 339.250
  • 339.450
  • 339.650
  • 344.700
  • 350.125
  • 361.820
  • 361.825
  • 365.050
  • 367.400
  • 368.040
  • 368.075
  • 368.800
  • 380.425
  • 380.687
  • 389.605
  • 390.640
  • 390.645
  • 393.625
  • 395.750
  • 396.430
  • 396.440
  • 396.605
  • 396.820
  • 397.240
  • 397.250
  • 397.565
  • 398.010
  • 398.0303
  • 398.0503
  • 398.065
  • 398.110
  • 398.195
  • 398.215
  • 398.305
  • 398.310
  • 398.450
  • 398.455
  • 398.460
  • 398.600
  • 398.605(UHF-Aバンド)
  • 398.640
  • 398.645
  • 398.650
  • 398.655
  • 398.950
  • 399.000
  • 399.015
  • 399.025
  • 399.030(UHF-Cバンド)
  • 399.040
  • 399.050
  • 399.055
  • 399.237
  • 399.240
  • 399.250
  • 399.262
  • 399.405
  • 399.430
  • 399.450
  • 399.455(UHF-Bバンド)
  • 399.575
  • 399.590
  • 399.605
  • 399.615
  • 399.640
  • 399.650
  • 399.750
  • 399.910
  • 399.990
  • 400.000
  • 400.035
  • 402.685
  • 404.215
  • 404.512
  • 404.525
  • 404.537
  • 404.550
  • 404.562
  • 404.575
  • 406.520
  • 407.210
  • 407.905
  • 410.110
  • 410.970
  • 411.035
  • 411.835
  • 412.450
  • 412.795
  • 412.890
  • 418.565
  • 428.635
  • 429.505
  • 430.100
  • 441.115
  • 442.800
  • 442.900
  • 443.650
  • 444.115
  • 444.885
  • 445.665
  • 467.750
  • 498.605
  • 600.500
  • 600.505
  • 808.375
  • 959.665
  • 他未確認周波数
このような無線式盗聴器から発信・送信される盗聴電波の周波数を捉え、計測し、確認するためには、当該場所内で発信・送信される電波の周波数を探査・探知・検出・発見・調査が行える検出機器を使用します。一定範囲内にある電波を捉え、計測し、その周波数と電界強度を高精度に表示することができる検出機器を使用して、盗聴電波を捉え、周波数と電界強度を計測して、周波数値から盗聴電波の有無を確認し発信源を突き止めます。 ※盗聴電波の周波数を計測する機器には、下記の優れた機器があります。
【SC-101HX】多機能小型周波数カウンター 【SC-101HX】 \12,000- SC-101HXは、50MHz~2.6GHzのアナログ発信電波、アナログ通信電波等の周波数を高精度に計測する多機能小型周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をアンダーバーレベル表示で確認できる多機能小型周波数カウンターです。 ※【SC-101HX】の詳細は、こちらから、参照ください。
【SC-204H】多機能小型周波数カウンター 【SC-204H】 \24,800- 【SC-204Hは、0.3MHz~50MHz、50MHz~2.8GHzのアナログ発信電波、 アナログ通信電波等の周波数を高精度に計測する多機能小型周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をアンダーバーレベル表示で確認できる多機能小型周波数カウンターです。 ※【SC-204H】の詳細は、こちらから、参照ください。
【SC-201H】多機能小型周波数カウンター 【SC-201H】 \49,000- SC-201Hは、1MHz~300MHz、300MHz~3.0GHzのアナログ発信電波、アナログ通信電波等の周波数を高精度に計測する多機能小型周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をアンダーバーレベル表示で確認できる多機能小型周波数カウンターです。 ※【SC-201H】の詳細は、こちらから、参照ください。
【SC-203H】デュアルバンド多機能小型周波数カウンター 【SC-203H】 \39,000- SC-203Hは、30MHz~1.0GHz、1GHz~2.8GHzのアナログ発信・通信電波、デジタル発信・通信電波等の周波数を高精度に計測するデュアルバンド多機能小型周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をアンダーバーレベル表示で確認できるデュアルバンド多機能小型周波数カウンターです。 ※【SC-203H】の詳細は、こちらから、参照ください。
【SC-202H】多機能小型周波数カウンター 【SC-202H】 \49,000- SC-202Hは、1MHz~300MHz、300MHz~3.0GHzのアナログ発信電波、アナログ通信電波等の周波数を高精度に計測する多機能小型周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をアンダーバーレベル表示で確認できる多機能小型周波数カウンターです。 ※【SC-202H】の詳細は、こちらから、参照ください。
【DFC-8900PH】プロフェッショナル・ハンドヘルド・デジタル周波数カウンター 【DFC-8900PH】 \198,000- DFC-8900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0GHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・ハンドヘルド・アナログ&デジタル周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9900PH】ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9900PH】 \278,000- MDFC-9900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0MHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9902PH】ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9902PH】 \378,000- MDFC-9902PHは0MHz~10000MHz(10GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。0MHz~6000MHz(6GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測を高精度で行えます。周波数カウンターモード・Livescanモード機能・ライブグラフモード機能・メモリログモード機能・音声復調モード機能により高精度な探査・探知・検出・発見・調査が行えます。 ※【MDFC-9902PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
Q3,特殊盗聴器の発信電波を捉えるには?
answer.3 通常の無線式盗聴器は、密かに仕掛けた室内等の音声をFM帯・VHF帯・UHF帯の周波数を使用して、外部に送信します。これらの周波数は、Q.2 盗聴電波の周波数を確認するには? のA.2で説明したさまざまな周波数を使用しています。室内等から外部に発信・送信される盗聴電波は、その盗聴電波を専用受信機又はワイドバンドレシーバー(広帯域受信機)等を使用して受信し、音声信号を復調して、音声を密かに盗み聞きます。 これらの無線式盗聴器から発信・送信される盗聴電波は、使用される周波数が一定であり、また盗聴電波に変調等を掛けていないため、探査・探知・検出・発見・調査されやすい特性があります。このような特性の盗聴電波は、密かに仕掛けた人物以外の傍受者に便乗盗聴される恐れが十分にあります。 特殊無線式盗聴器は、発信・送信される盗聴電波が極力、探査・探知・検出・発見・調査されにくく、仕掛けた人物以外の傍受者に便乗盗聴されにくい機能をもつため、他の第三者に情報が漏えいすることを防ぐことができます。現在、特殊無線式盗聴器にはさまざまな機能をもつタイプが存在します。
【音起動型特殊盗聴器】 一般的な無線式盗聴器は、使用する周波数が一定であり、一定の電力強度で発信・送信されていますが、音起動型特殊盗聴器は、密かに仕掛けた場所内で音声が無い場合には一切発信・送信は行われません。反対に音声が発生した場合には瞬時にその音声を盗聴電波(音声信号)として発信・送信します。
【スクランブル機能型盗聴器】 盗聴器から発信する電波にスクランブルを掛けることにより、専用の受信機でしか音声を復調することができない優れた秘匿機能を搭載した盗聴器が確認されています。このスクランブル機能により、他の第三者からの傍受(便乗盗聴)を防ぐことができ、他の第三者に情報が漏洩することを防ぐことができます。 このスクランブル機能は、4種類の発信周波数を1秒間に20回切りかえて電波を発信する方式です。発信周波数が短時間にきりかえられるため、一般的な受信機ではこの電波を捉えることはできません。また、スクランブル機能型盗聴器から発信される電波を受信し、音声に復元するには専用の受信機でなければ音声に復元することができません。 専用の受信機は、短時間に切りかわる発信周波数に自動追尾して同期する方式で音声を復元します。また、短時間に切りかえる4種類の発信周波数の組み合わせを変えることにより、現在において6種類のスクランブル機能型盗聴器が確認され、電源はバッテリータイプ、100V電灯線タイプが確認されています。100V電灯線タイプの場合、屋内配線、各種電気機器内部に取付けることができます。
【リモートコントロール機能型盗聴器】 リモートコントロール機能型盗聴器は、専用のリモートコントロール受信機から盗聴器のオン・オフをコントロールすることができる優れたリモートコントロール機能型盗聴器が確認されています。盗聴が必要な時に盗聴器をオンにし、不必要な時は盗聴器をオフにすることが任意に行うことができます。 常時電波が発信することがないため、他の第三者に傍受(便乗盗聴)されにくい優れたリモートコントロール機能型盗聴器です。専用のリモートコントロール受信機の電源スイッチをオンにすれば、リモートコントロール機能型盗聴器がオンになり盗聴を開始します。反対に専用のリモートコントロール受信機の電源をオフにすれば、リモートコントロール機能型盗聴器はオフになり盗聴を停止します。 電源はバッテリータイプ、100V電灯線タイプが確認されています。100V電灯線タイプの場合、屋内配線、各種電気機器内部に取付けることができます。
【リモートコントロールスクランブル機能型盗聴器】 リモートコントロールスクランブル機能型盗聴器は、専用のリモートコントロールスクランブル受信機から盗聴器のオン・オフをコントロールすることができ、さらに発信する電波にスクランブルを掛けることにより、他の第三者の傍受(便乗盗聴)を防ぐことができ、他の第三者に情報が漏洩することを防ぐことができる極めて優れた秘匿機能を搭載したリモートコントロールスクランブル機能型盗聴器盗聴器が確認されています。 このリモートコントロール機能とスクランブル機能を搭載する盗聴器は、専用のリモートコントロールスクランブル受信機でしかスクランブル電波を受信し、音声を復調することができないため、他の第三者からの傍受(便乗盗聴)を完全に防ぐことが可能です。盗聴が必要な時に盗聴器をオンにし、不必要な時は盗聴器をオフにすることが任意に行うことができるため、常時盗聴電波を発信することがありません。 専用のリモートコントロールスクランブル受信機の電源スイッチをオンにすれば、リモートコントロールスクランブル機能型盗聴器がオンになり盗聴を開始します。反対にリモートコントロールスクランブル受信機の電源をオフにすれば、リモートコントロールスクランブル機能型盗聴器はオフになり盗聴を停止します。このスクランブル機能は、4種類の発信周波数を1秒間に20回切りかえて電波を発信する方式です。発信周波数が短時間にきりかえられるため、一般的な受信機ではこの電波を捉えることはできません。 また、リモートコントロールスクランブル機能型盗聴器から発信される電波を受信し、音声に復元するには専用の受信機でなければ音声に復元することができません。専用の受信機は、短時間に切りかわる発信周波数に自動追尾して同期する方式で音声を復元します。また、短時間に切りかえる4種類の発信周波数の組み合わせを変えることにより、現在において6種類のリモートコントロールスクランブル機能型盗聴器が確認されています。 電源はバッテリータイプ、100V電灯線タイプが確認されています。100V電灯線タイプの場合、屋内配線、各種電気機器内部に取付けることができます。
このような音起動型無線式盗聴器、スクランブル機能型無線式盗聴器から発信・送信される盗聴電波を捉えるためには、当該場所で発信・送信される電波の探査・探知・検出・発見・調査と発信・送信電波の監視を高精度に行える検出機器を使用します。一定範囲内にある電波を捉え、その電界強度又は周波数を高精度に表示することができる検出機器を使用して、盗聴電波の有無を確認し発信源を突き止めます。 リモートコントロール型無線式盗聴器、リモートコントロール・スクランブル機能型無線式盗聴器から発信・送信される盗聴電波を捉えるためには、当該場所でリモートコントロールされる発信・送信される電波の探査・探知・検出・発見・調査と発信・送信電波の監視を高精度に行える検出機器を使用します。一定範囲内にある電波を捉え、その電界強度又は周波数を高精度に表示することができる検出機器を使用して、盗聴電波の有無を確認し発信源を突き止めます。 ※特殊盗聴器の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた機器があります。
DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探 知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 【DTK-608H】 \26,800- DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-608H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-606H Rev3】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-606H Rev3】 \26,800- 【DTK-606H Rev3】 は、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度で行えます。 ※【DTK-606H Rev3】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-607H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-607H】 \34,800- DTK-607Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-607H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-610H】GPS発信器・盗聴器・盗撮器・調査機器 【DTK-610H】 \39,000- DTK-610Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-610H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
【DTK-611H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-611HS】 \88,000- DTK-611HSは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。多彩な探知モード機能(4モード)・ガードモード(音)・ガードモード(音/バイブレーション)など、使用環境に対応した電波探査・探知・検出・発見・調査が行える多機能搭載型検出機器です。 ※【DTK-611HS】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DFC-8900PH】 プロフェッショナル・ハンドヘルド・デジタル周波数カウンター 【DFC-8900PH】 \198,000- DFC-8900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0GHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・ハンドヘルド・アナログ&デジタル周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9900PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9900PH】 \278,000- MDFC-9900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0MHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9902PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9902PH】 \378,000- MDFC-9902PHは0MHz~10000MHz(10GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。0MHz~6000MHz(6GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測を高精度で行えます。周波数カウンターモード・Livescanモード機能・ライブグラフモード機能・メモリログモード機能・音声復調モード機能により高精度な探査・探知・検出・発見・調査が行えます。 ※【MDFC-9902PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
Q4,盗聴電波の音声信号を復調するには?
answer.4 無線式盗聴器から発信・送信される盗聴電波を探査・探知・検出・発見・調査した後、その電波に含まれる音声信号を復調して、その音声を確認することが重要になります。無線式盗聴器が使用するFM帯・VHF帯・UHF帯のさまざまな盗聴電波(周波数)は、音声復調装置・ワイドバンドレシーバー(広帯域受信機)等を使用し、その音声信号を復調して、その音声を確認することができます。 一般的に周知されている盗聴周波数ならばワイドバンドレシーバー(広帯域受信機)のメモリスキャンで行えますが、メモリされていない盗聴周波数の場合には、任意の周波数間をサーチしながら一つ一つ検証しなければならず、どうしても時間と手間が掛かってしまいます。(無線式盗聴器が使用する周波数は、Q.2 盗聴電波の周波数を確認するには? のA.2で説明したさまざまな周波数を使用しています。) 盗聴電波の音声信号を復調するには、時間と手間が掛からず、無線式盗聴器が使用するFM帯・VHF帯・UHF帯のさまざまな盗聴電波(周波数)の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行え、同時に音声信号を復調して、その音声を瞬時にスピーカー及びイヤホンから出すことができる音声復調機器を使用します。 ※盗聴電波の音声信号を復調するには、下記の優れた機器があります。
【RFT-900H】 【RFT-900H】 \39,000- RFT-900Hは1MHz~1000MHzの周波数帯域を自動スキャンし、盗聴器・盗撮器等からの発信電波及び送信電波を探知・検出・発見すると、その発信電波・送信電波に音声信号が含まれている場合には、その音声信号を 瞬時に復調し内部スピーカーから出します。既存の盗聴器等が使用するV HF帯・UHF帯及び特殊な周波数を使用する盗聴器(500MHz~800MHz) 等の音声信号の有無を瞬時に確認できるため、盗聴器等の有無を確認することができます。また、既存の盗撮器及び特殊な周波数を使用する盗撮器 等からの発信・送信される電波(映像信号・音声信号)の音声信号を瞬時に確認できるため、盗撮器等の有無を確認することができます。 ※【RFT-900H】の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9902PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9902PH】 \378,000- MDFC-9902PHは0MHz~10000MHz(10GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。0MHz~6000MHz(6GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測を高精度で行えます。周波数カウンターモード・Livescanモード機能・ライブグラフモード機能・メモリログモード機能・音声復調モード機能により高精度な探査・探知・検出・発見・調査が行えます。 ※【MDFC-9902PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
Q5,電波環境と盗聴電波・盗撮電波を電波の波形と周波数で確認するには?
answer.5 当該場所の電波環境を電波の波形・周波数・電力強度で捉えると、視場覚的にも電波状況を正確に確認することができます。一般的な電波探知機器・電波検出機器・周波数計測機器等の使用による探知の警告音・LEDの点灯警告・バイブレーションの警告・周波数の表示等ではなく、電波の波形表示・周波数の表示・電力強度の表示を高精度に行う機器を使用して、リアルタイムに当該場所の電波探査・電波探知・電波検出・電波発見・電波調査を行うことも重要なことです。 無線式盗聴器・無線式盗撮器・音起動型無線式盗聴器、スクランブル機能型無線式盗聴器・無線式盗撮器などから発信・送信される盗聴電波・ 盗撮電波の波形・周波数・電力強度を捉えるためには、当該場所で発信・送信される電波の探査・探知・検出・発見・調査と発信・送信電波の波形・周波数・電力強度を高精度に行える検出機器を使用します。また、リアルタイムに電波の波形・周波数・電力強度を表示できるため、当該場所で発信・送信される不正な電波の監視が行えます。 ※電波環境と盗聴電波・盗撮電波を電波の波形と周波数で確認するには、下記の優れた機器があります。
【SA-8001PH】プロフェッショナル・ハンドヘルド・スペクトラムアナライザー 【SA-8001PH】 \98,000- SA-8001PHは、15MHz~2700MHzの広範囲の周波数に対応し、その周波数値(MHz)と電力強度(dBm・dBuV)を高精度に計測し、電波の波形・周波数値・電力強度値を液晶画面に表示するハンドヘルド・スペクトラムアナライザーです。一定範囲内の周波数と電波の電力強度をその電波の波形と周波数値、電力強度値をリアルタイムに表示できるため、刻々変化する電波を数値と波形により正確に捉えることができ視覚的にも当該場所の電波状況を正確に把握できます。既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器等の監視・探査・探知・検出・発見・調査を高精度に行えます。また、存在が知られていない未知なる周波数を使用する盗聴器・盗撮器の周波数値の探査・探知・検出・発見・調査を高精度で行えます。 ※【SA-8001PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
Q6,デジタル式盗聴器の通信電波を捉えるには?
answer.6 一般的に国内で販売されている無線式盗聴器は、ほぼアナログ型の無線式盗聴器ですが、海外で販売されている無線式盗聴器の一部にデジタル型の無線式盗聴器があります。デジタル型の無線式盗聴器は、デジタル化した発信・送信電波と国内で使用されない周波数を使用しているため、そのデジタル型の無線式盗聴器の発信・送信電波を捉えることが困難になります。 また、音声信号がデジタル化されているため、アナログ式復調装置及び広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)などでは音声を復調して聞くことはできません。デジタル化した音声を聞くには専用のデジタル型電波受信機器が必要です。したがって、密かにデジタル型の無線式盗聴器を仕掛けた人物しか、デジタル化した音声を盗み聞くことができません。また、デジタル化した音声信号は、他の傍受者による便乗盗聴はできませんので、他に情報が漏えいすることはありません。 携帯電話改造型のデジタル式盗聴器が存在します。これは機器の改造業者が特注で製作し密かに販売するデジタル式盗聴器で、携帯電話本体の不必要な部分を取り除き小型化したデジタル式盗聴器です。元は携帯電話端末であり、通信はデジタル通信で行われるため、そのデジタル式の通信電波を捉えることは極めて困難になります。 また、通信がデジタル化されているため、アナログ式復調装置及び広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)などでは音声を復調して聞くことはできません。デジタル化した音声を聞くには携帯電話端末が必要です。したがって、密かに携帯電話改造型のデジタル式盗聴器を仕掛けた人物だけが、音声を盗聴することができます。 また、デジタル化した音声信号は、他の傍受者による便乗盗聴はできませんので、他に情報が漏えいすることはありません。元は携帯電話端末であるので、国内及び海外からでも密かに仕掛けた場所の音声を盗聴することができます。 これらのデジタル型の無線式盗聴器・携帯電話改造型盗聴器などの通信電波を捉えるためには、当該場所で通信されるデジタル電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度に行える検出機器を使用します。一定範囲内で行われるデジタル通信電波を捉え、その電界強度又は周波数を高精度に表示することができる検出機器を使用して、デジタル通信電波の有無を確認し発信源を突き止めます。 ※デジタル通信電波の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた機器があります。
DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探 知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 【DTK-608H】 \26,800- DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-608H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-606H Rev3】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-606H Rev3】 \26,800- 【DTK-606H Rev3】 は、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度で行えます。 ※【DTK-606H Rev3】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-607H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-607H】 \34,800- DTK-607Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-607H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-610H】GPS発信器・盗聴器・盗撮器・調査機器 【DTK-610H】 \39,000- DTK-610Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-610H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
【DTK-611H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-611HS】 \88,000- DTK-611HSは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。多彩な探知モード機能(4モード)・ガードモード(音)・ガードモード(音/バイブレーション)など、使用環境に対応した電波探査・探知・検出・発見・調査が行える多機能搭載型検出機器です。 ※【DTK-611HS】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DFC-8900PH】 プロフェッショナル・ハンドヘルド・デジタル周波数カウンター 【DFC-8900PH】 \198,000- DFC-8900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0GHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・ハンドヘルド・アナログ&デジタル周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9900PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9900PH】 \278,000- MDFC-9900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0MHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9902PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9902PH】 \378,000- MDFC-9902PHは0MHz~10000MHz(10GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。0MHz~6000MHz(6GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測を高精度で行えます。周波数カウンターモード・Livescanモード機能・ライブグラフモード機能・メモリログモード機能・音声復調モード機能により高精度な探査・探知・検出・発見・調査が行えます。 ※【MDFC-9902PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
Q7,デジタル型無線式盗聴器の本体を見つけるには?
answer.7 デジタル型無線式盗聴器の探査・探知・検出・発見・調査には、Q.6 デジタル式盗聴器の通信電波を捉えるには? のA.7で説明したとおり、デジタル式で通信される電波をデジタル通信電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるデジタル対応検出機器を使用する方法と、デジタル型の無線式盗聴器本体を探査・探知・検出・発見・調査する方法があります。 デジタル型無線式盗聴器は、海外製のデジタル無線式盗聴器、携帯電話改造型盗聴器、海外で一般的に使用されるSIM盗聴器及びGPSトラッカー(GPS発信器と音声盗聴器が同時に行われるGSM方式のSIM通信端末)などがあります。また、携帯電話、スマートフォン、i-phone等の携帯電話端末を密かに仕掛けて盗聴器として利用する場合もあります。 これらのデジタル型無線式盗聴器には、半導体電性コンポーネントが使用されています。近代的な装置及び機器などには、半導体電性コンポーネントが使用されます。この半導体電性コンポーネントの探査・探知、検出、発見、調査を高精度で行えるNLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)を使用して、密かに仕掛けられたデジタル型の無線式盗聴器を見つけ出します。 NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)は、デジタル型無線式盗聴器の通信の有り/無し、電源のON/OFF、には一切関係がなく、本体内の半導体電性コンポーネントを見つけ出す検出機器です。本体アンテナ送信部から照射部から各周波数の電波を照射して、リピート信号の第2調波、第3調波を受信アンテナで受信し、機器独自のデジタル・アルゴリズムで分析して、半導体電性コンポーネントを検出し、密かに仕掛けられたデジタル型無線式盗聴器を見つけ出します。 また、NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)の特性から、床、壁、天井、什器、家具、車、バッグ、荷物、手荷物、身体及びレンガ材、ブロック材、コン クリート材など、内部が見えない場所、内部が見えない対象物に対して、半導体電性コンポーネントの有り/無しを高精度に探査・探知、検出、発見、調査することができるため、密かに仕掛けられたデジタル型無線式盗聴器を見つけ出すことができます。 ※デジタル型無線式盗聴器の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた機器があります。
【NLJD-8000H Rev2】超高性能プロフェッショナル・ハンドヘルド・セルフォン・GPS探知器 【NLJD-8000PH】 \228,000- 機器本体先端部から特殊な電波を照射して探査・検出を行いますので電波を透過する対象物(梱包された荷物内の対象物・服内の対象物・壁内の対象物・床内の対象物・天井内の対象物・ソファ内の対象物・ベッド内の対象物・オブジェ内の対象物・ブロック内の対象物・収納ボックス内の対象物・タンス内の対象物・木製品内の対象物・プラスチック製品内の対象物・車内のパネル内の対象物・車内のシート内の対象物・車内の天井内の対象物・車内のフロアカーペット内の対象物・車内のプラスチック内の対象物・車の前後バンパー内の対象物・その他の対象物内)に対して超高精度 に対象物を探査し検出することができる超高性能プロフェッショナル・ハンドヘルド・セルフォン・GPS探知器 Rev.2です。 ※【NLJD-8000PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
【NLJD-401】非線形結合検出器 【NLJD-401PH】 \1,380,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、、こちらから、参照ください。
 【NLJD-400PH】非線形接合検出器 【NLJD-400PH】 \1,680,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-400PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
Q8,アナログ無線式盗撮器の発信電波を捉えるには?
answer.8 アナログ無線式盗撮器は、その盗撮器が使用する固有の盗撮電波が発信・送信されます。基本的な盗撮電波として、旧テレビ放送帯(1~62チャンネル)、900MHz帯、1200MHz帯、2400MHz帯、5800MHz帯のアナログ式の電波が使用されます。現在、旧テレビ(アナログ)放送帯(1~62チャンネル)、900MHz帯、1200MHz帯の周波数を使用した無線式盗撮器はほとんど使われません。 理由として旧テレビ(アナログ)放送帯(1~62チャンネル)、900MHz帯、1200MHz帯を使用する無線式盗撮器は、過去に主として製造及び販売された無線式盗撮器であり、現在は製造及び販売されていないため入手は困難ですが、中古品又は各オークションなどで入手することは可能です。したがって、アナログ無線を使用した盗撮を目的とする場合には<2400MHz帯の無線式盗撮器>もしくは<5800MHz帯の無線式盗撮器>が主に使用されます。 【無線式カメラ周波数】

旧TV(テレビ)放送帯の周波数を使用した無線式カメラ

VHF帯
・1チャンネル・2チャンネル
UHF帯
・13チャンネル・15チャンネル・25チャンネル・29チャンネル

1200Mhz帯の周波数を使用した無線式カメラ

  • 1080Mhz
  • 1120Mhz
  • 1160Mhz
  • 1200Mhz

2400Mhz帯の周波数を使用した無線式カメラ

  • 2370Mhz
  • 2390Mhz
  • 2410Mhz
  • 2412Mhz
  • 2413Mhz
  • 2430Mhz
  • 2432Mhz
  • 2450Mhz
  • 2451Mhz
  • 2452Mhz
  • 2470Mhz
  • 2472Mhz
  • 2490Mhz
  • 2510Mhz

5800Mhz帯の周波数を使用した無線式カメラ

  • 5370Mhz
  • 5390Mhz
  • 5410Mhz
  • 5412Mhz
これらの周波数は、今までに判明されたアナログ無線式盗撮カメラの周波数です。従来は、旧テレビ(アナログ)放送周波数帯の無線式盗撮カメラ、900MHz帯、1200MHz帯の周波数帯を使用した無線式盗撮カメラが主なカメラでしたが、現在のアナログ無線式盗撮カメラの周波数は、2.4GHz(2400MHz)・5.8GHz(5800MHz)まで周波数が拡大してきています。そして、未知なる周波数の無線式盗撮カメラが多数出現しています。 このようなアナログ無線式盗撮器から発信・送信される盗撮電波を捉えるためには、当該場所内で発信・送信される電波の探査・探知・検出・発見・調査が行える検出機器を使用します。一定範囲内にある電波を捉え、その電界強度を検出し、高精度に表示することできる検出機器を使用して、盗撮電波を捉え、盗撮電波の有無を確認し発信源を突き止めます。 ※盗撮電波の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた検出機器があります。
DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探 知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 【DTK-608H】 \26,800- DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-608H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-606H Rev3】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-606H Rev3】 \26,800- 【DTK-606H Rev3】 は、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度で行えます。 ※【DTK-606H Rev3】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-607H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-607H】 \34,800- DTK-607Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-607H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-610H】GPS発信器・盗聴器・盗撮器・調査機器 【DTK-610H】 \39,000- DTK-610Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-610H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
【DTK-611H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-611HS】 \88,000- DTK-611HSは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。多彩な探知モード機能(4モード)・ガードモード(音)・ガードモード(音/バイブレーション)など、使用環境に対応した電波探査・探知・検出・発見・調査が行える多機能搭載型検出機器です。 ※【DTK-611HS】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DFC-8900PH】 プロフェッショナル・ハンドヘルド・デジタル周波数カウンター 【DFC-8900PH】 \198,000- DFC-8900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0GHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・ハンドヘルド・アナログ&デジタル周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9900PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9900PH】 \278,000- MDFC-9900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0MHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9902PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9902PH】 \378,000- MDFC-9902PHは0MHz~10000MHz(10GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。0MHz~6000MHz(6GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測を高精度で行えます。周波数カウンターモード・Livescanモード機能・ライブグラフモード機能・メモリログモード機能・音声復調モード機能により高精度な探査・探知・検出・発見・調査が行えます。 ※【MDFC-9902PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
Q9,盗撮電波の周波数を確認するには?
answer8 アナログ無線式盗撮器は、その盗撮器が使用する固有の盗撮電波が発信・送信されます。基本的な盗撮電波として、旧テレビ放送帯(1~62チャンネル)、900MHz帯、1200MHz帯、2400MHz帯、5800MHz帯のアナログ式の電波が使用されます。現在、旧テレビ(アナログ)放送帯(1~62チャンネル)、900MHz帯、1200MHz帯の周波数を使用した無線式盗撮器はほとんど使われません。 理由として旧テレビ(アナログ)放送帯(1~62チャンネル)、900MHz帯、1200MHz帯を使用する無線式盗撮器は、過去に主として製造及び販売された無線式盗撮器であり、現在は製造及び販売されていないため入手は困難ですが、中古品又は各オークションなどで入手することは可能です。したがって、アナログ無線を使用した盗撮を目的とする場合には<2400MHz帯の無線式盗撮器>もしくは<5800MHz帯の無線式盗撮器>が主に使用されます。 【無線式カメラ周波数】

旧TV(テレビ)放送帯の周波数を使用した無線式カメラ

VHF帯
・1チャンネル・2チャンネル
UHF帯
・13チャンネル・15チャンネル・25チャンネル・29チャンネル

1200Mhz帯の周波数を使用した無線式カメラ

  • 1080Mhz
  • 1120Mhz
  • 1160Mhz
  • 1200Mhz

2400Mhz帯の周波数を使用した無線式カメラ

  • 2370Mhz
  • 2390Mhz
  • 2410Mhz
  • 2412Mhz
  • 2413Mhz
  • 2430Mhz
  • 2432Mhz
  • 2450Mhz
  • 2451Mhz
  • 2452Mhz
  • 2470Mhz
  • 2472Mhz
  • 2490Mhz
  • 2510Mhz

5800Mhz帯の周波数を使用した無線式カメラ

  • 5370Mhz
  • 5390Mhz
  • 5410Mhz
  • 5412Mhz
これらの周波数は、今までに判明されたアナログ無線式盗撮カメラの周波数です。従来は、旧テレビ(アナログ)放送周波数帯の無線式盗撮カメラ、900MHz帯、1200MHz帯の周波数帯を使用した無線式盗撮カメラが主なカメラでしたが、現在のアナログ無線式盗撮カメラの周波数は、2.4GHz(2400MHz)・5.8GHz(5800MHz)まで周波数が拡大してきています。そして、未知なる周波数の無線式盗撮カメラが多数出現しています。 このようなアナログ無線式盗撮器から発信・送信される盗撮電波を捉えるためには、当該場所内で発信・送信される電波の探査・探知・検出・発見・調査が行える検出機器を使用します。一定範囲内にある電波を捉え、その電界強度を検出し、高精度に表示することできる検出機器を使用して、盗撮電波を捉え、盗撮電波の有無を確認し発信源を突き止めます。 ※盗撮電波の周波数を計測する機器には、下記の優れた機器があります。 A.8 アナログ無線式盗撮器は、その盗撮器が使用する固有の盗撮電波が発信・送信されます。基本的な盗撮電波として、旧テレビ放送帯(1~62チャンネル)、900MHz帯、1200MHz帯、2400MHz帯、5800MHz帯のアナログ式の電波が使用されます。現在、旧テレビ(アナログ)放送帯(1~62チャンネル)、900MHz帯、1200MHz帯の周波数を使用した無線式盗撮器はほとんど使われません。 理由として旧テレビ(アナログ)放送帯(1~62チャンネル)、900MHz帯、1200MHz帯を使用する無線式盗撮器は、過去に主として製造及び販売された無線式盗撮器であり、現在は製造及び販売されていないため入手は困難ですが、中古品又は各オークションなどで入手することは可能です。したがって、アナログ無線を使用した盗撮を目的とする場合には<2400MHz帯の無線式盗撮器>もしくは<5800MHz帯の無線式盗撮器>が主に使用されます。 【無線式カメラ周波数】

旧TV(テレビ)放送帯の周波数を使用した無線式カメラ

VHF帯
・1チャンネル・2チャンネル
UHF帯
・13チャンネル・15チャンネル・25チャンネル・29チャンネル

1200Mhz帯の周波数を使用した無線式カメラ

  • 1080Mhz
  • 1120Mhz
  • 1160Mhz
  • 1200Mhz

2400Mhz帯の周波数を使用した無線式カメラ

  • 2370Mhz
  • 2390Mhz
  • 2410Mhz
  • 2412Mhz
  • 2413Mhz
  • 2430Mhz
  • 2432Mhz
  • 2450Mhz
  • 2451Mhz
  • 2452Mhz
  • 2470Mhz
  • 2472Mhz
  • 2490Mhz
  • 2510Mhz

5800Mhz帯の周波数を使用した無線式カメラ

  • 5370Mhz
  • 5390Mhz
  • 5410Mhz
  • 5412Mhz
これらの周波数は、今までに判明されたアナログ無線式盗撮カメラの周波数です。従来は、旧テレビ(アナログ)放送周波数帯の無線式盗撮カメラ、900MHz帯、1200MHz帯の周波数帯を使用した無線式盗撮カメラが主なカメラでしたが、現在のアナログ無線式盗撮カメラの周波数は、2.4GHz(2400MHz)・5.8GHz(5800MHz)まで周波数が拡大してきています。そして、未知なる周波数の無線式盗撮カメラが多数出現しています。 このようなアナログ無線式盗撮器から発信・送信される盗撮電波を捉えるためには、当該場所内で発信・送信される電波の探査・探知・検出・発見・調査が行える検出機器を使用します。一定範囲内にある電波を捉え、その電界強度を検出し、高精度に表示することできる検出機器を使用して、盗撮電波を捉え、盗撮電波の有無を確認し発信源を突き止めます。 ※盗撮電波の周波数を計測する機器には、下記の優れた機器があります。
【SC-101HX】多機能小型周波数カウンター 【SC-101HX】 \12,000- SC-101HXは、50MHz~2.6GHzのアナログ発信電波、アナログ通信電波等の周波数を高精度に計測する多機能小型周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をアンダーバーレベル表示で確認できる多機能小型周波数カウンターです。 ※【SC-101HX】の詳細は、こちらから、参照ください。
【SC-204H】多機能小型周波数カウンター 【SC-204H】 \24,800- 【SC-204Hは、0.3MHz~50MHz、50MHz~2.8GHzのアナログ発信電波、 アナログ通信電波等の周波数を高精度に計測する多機能小型周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をアンダーバーレベル表示で確認できる多機能小型周波数カウンターです。 ※【SC-204H】の詳細は、こちらから、参照ください。
【SC-201H】多機能小型周波数カウンター 【SC-201H】 \49,000- SC-201Hは、1MHz~300MHz、300MHz~3.0GHzのアナログ発信電波、アナログ通信電波等の周波数を高精度に計測する多機能小型周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をアンダーバーレベル表示で確認できる多機能小型周波数カウンターです。 ※【SC-201H】の詳細は、こちらから、参照ください。
【SC-203H】デュアルバンド多機能小型周波数カウンター 【SC-203H】 \39,000- SC-203Hは、30MHz~1.0GHz、1GHz~2.8GHzのアナログ発信・通信電波、デジタル発信・通信電波等の周波数を高精度に計測するデュアルバンド多機能小型周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をアンダーバーレベル表示で確認できるデュアルバンド多機能小型周波数カウンターです。 ※【SC-203H】の詳細は、こちらから、参照ください。
【SC-202H】多機能小型周波数カウンター 【SC-202H】 \49,000- SC-202Hは、1MHz~300MHz、300MHz~3.0GHzのアナログ発信電波、アナログ通信電波等の周波数を高精度に計測する多機能小型周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をアンダーバーレベル表示で確認できる多機能小型周波数カウンターです。 ※【SC-202H】の詳細は、こちらから、参照ください。
【DFC-8900PH】プロフェッショナル・ハンドヘルド・デジタル周波数カウンター 【DFC-8900PH】 \198,000- DFC-8900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0GHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・ハンドヘルド・アナログ&デジタル周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9900PH】ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9900PH】 \278,000- MDFC-9900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0MHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9902PH】ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9902PH】 \378,000- MDFC-9902PHは0MHz~10000MHz(10GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。0MHz~6000MHz(6GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測を高精度で行えます。周波数カウンターモード・Livescanモード機能・ライブグラフモード機能・メモリログモード機能・音声復調モード機能により高精度な探査・探知・検出・発見・調査が行えます。 ※【MDFC-9902PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
Q10,デジタル型無線式盗撮器の発信電波を捉えるには?
answer.10 一般的に国内で販売されている無線式盗撮器は、ほぼアナログ型の無線式盗聴器ですが、海外で販売されている無線式盗聴器の一部にデジタル型の無線式盗撮器があります。デジタル型の無線式盗撮器は、デジタル化した発信・送信電波と国内で使用されない周波数を使用しているため、そのデジタル型の無線式盗撮器の発信・送信電波を捉えることが困難になります。 また、映像信号がデジタル化されているため、アナログ式映像復調装置などでは映像を復調して見ることはできません。デジタル化した映像を見るには専用のデジタル式映像復調装置が必要です。したがって、密かにデジタル型の無線式盗撮器を仕掛けた人物しか、デジタル化した映像を盗み見ることができません。また、デジタル化した映像信号は、他の傍受者による便乗盗撮はできませんので、他に情報が漏えいすることはありません。 携帯電話改造型のデジタル式盗撮器が存在します。これは機器の改造業者が特注で製作し密かに販売するデジタル式盗撮器で、携帯電話本体の不必要な部分を取り除き小型化したデジタル式盗撮器です。元は携帯電話端末であり、通信はデジタル通信で行われるため、そのデジタル式の通信電波を捉えることは極めて困難になります。 このような携帯電話改造型のデジタル式盗撮器は、通信がデジタル化されているため、アナログ式映像&音声復調装置などでは映像/音声を復調して見る/聞くことはできません。デジタル化した映像/音声を見る/聞くには携帯電話端末が必要です。したがって、密かに携帯電話改造型のデジタル式盗撮器を仕掛けた人物だけが、携帯電話ネットーワークを利用して映像/音声を盗撮/盗聴することができます。 また、デジタル化した映像・音声信号は、他の傍受者による便乗盗撮/便乗盗聴はできませんので、他に情報が漏えいすることはありません。元は携帯電話端末であるので、国内及び海外からでも密かに仕掛けた場所の映像/音声を盗撮/盗聴することができます。 海外のGSM通信方式の地域で流通しているSIM盗撮器というデジタル型無線式盗撮器が存在します。これはSIMカードを差し込み、携帯電話のネットワークを使用するデジタル式通信型盗撮器で、携帯電話の通信モジュールに超小型カメラを搭載して小型化したデジタル式通信盗撮器です。携帯電話通信モジュールを搭載した通信端末であり、通信はデジタル通信で行われるため、そのデジタル式の通信電波を捉えることは極めて困難になります。 このようなGSM通信方式のSIM盗撮器は、通信がデジタル化されているため、アナログ式映像&音声復調装置などでは映像を復調して見ることはできません。デジタル化した映像を見るには携帯電話端末が必要です。したがって、密かにGSM通信方式のSIM盗撮器を仕掛けた人物だけが、携帯電話ネットーワークを利用して映像を盗撮ることができます。 これらのデジタル型の無線式盗撮器・携帯電話改造型盗撮器・GSM通信方式のSIM盗撮器などの通信電波を捉えるためには、当該場所で通信されるデジタル電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度に行える検出機器を使用します。一定範囲内で行われるデジタル通信電波を捉え、その電界強度又は周波数を高精度に表示することができる検出機器を使用して、デジタル通信電波の有無を確認し発信源を突き止めます。 ※デジタル通信電波の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた機器があります。
DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探 知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 【DTK-608H】 \26,800- DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-608H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-606H Rev3】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-606H Rev3】 \26,800- 【DTK-606H Rev3】 は、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度で行えます。 ※【DTK-606H Rev3】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-607H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-607H】 \34,800- DTK-607Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-607H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-610H】GPS発信器・盗聴器・盗撮器・調査機器 【DTK-610H】 \39,000- DTK-610Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-610H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
【DTK-611H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-611HS】 \88,000- DTK-611HSは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。多彩な探知モード機能(4モード)・ガードモード(音)・ガードモード(音/バイブレーション)など、使用環境に対応した電波探査・探知・検出・発見・調査が行える多機能搭載型検出機器です。 ※【DTK-611HS】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DFC-8900PH】 プロフェッショナル・ハンドヘルド・デジタル周波数カウンター 【DFC-8900PH】 \198,000- DFC-8900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0GHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・ハンドヘルド・アナログ&デジタル周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9900PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9900PH】 \278,000- MDFC-9900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0MHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9902PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9902PH】 \378,000- MDFC-9902PHは0MHz~10000MHz(10GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。0MHz~6000MHz(6GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測を高精度で行えます。周波数カウンターモード・Livescanモード機能・ライブグラフモード機能・メモリログモード機能・音声復調モード機能により高精度な探査・探知・検出・発見・調査が行えます。 ※【MDFC-9902PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
Q11,偽装型無線式盗撮器の発信電波を捉えるには?
answer.11 偽装型無線式盗撮器は、生活環境にある日用品、事務用品、電化製品、置物などに偽装した無線式盗撮器です。普段の生活の中である物に偽装しているため、気付きにくい特徴があります。偽装型無線式盗撮器には、アナログ電波を使用した偽装型のタイプとデジタル通信を使用した偽装型のタイプがあります。 アナログ偽装型無線式盗撮器は、その盗撮器が使用する固有の盗撮電波が発信・送信されます。基本的な盗撮電波として、900MHz帯、1200MHz帯、2400MHz帯、5800MHz帯のアナログ式の電波が使用されます。現在、900MHz帯、1200MHz帯の周波数を使用した偽装型無線式盗撮器はほとんど使われません。 理由として、900MHz帯、1200MHz帯を使用する偽装型無線式盗撮器は、過去に主として製造及び販売された偽装型無線式盗撮器であり、現在は製造及び販売されていないため入手は困難ですが、中古品又は各オークションなどで入手することは可能です。したがって、アナログ無線を使用した偽装型無線式盗撮器は、<2400MHz帯の偽装型無線式盗撮器>もしくは<5800MHz帯の偽装型無線式盗撮器>が主に使用されます。 【無線式カメラ周波数】

2400Mhz帯の周波数を使用した無線式カメラ

  • 2370Mhz
  • 2390Mhz
  • 2410Mhz
  • 2412Mhz
  • 2413Mhz
  • 2430Mhz
  • 2432Mhz
  • 2450Mhz
  • 2451Mhz
  • 2452Mhz
  • 2470Mhz
  • 2472Mhz
  • 2490Mhz
  • 2510Mhz

5800Mhz帯の周波数を使用した無線式カメラ

  • 5370Mhz
  • 5390Mhz
  • 5410Mhz
  • 5412Mhz
これらの周波数は、今までに判明されたアナログ電波を使用した偽装型無線式盗撮器の周波数です。従来は、900MHz帯、1200MHz帯の周波数帯を使用した偽装型無線式盗撮器が主でしたが、現在のアナログ電波を使用した偽装型無線式盗撮器の周波数は、2.4GHz(2400MHz)・5.8GHz(5800MHz)まで周波数が拡大してきています。そして、未知なる周波数の偽装型無線式盗撮器が多数出現しています。 このようなアナログ偽装型無線式盗撮器から発信・送信される盗撮電波を捉えるためには、当該場所内で発信・送信される電波の探査・探知・検出・発見・調査が行える検出機器を使用します。一定範囲内にある電波を捉え、その電界強度を検出し、高精度に表示することできる検出機器を使用して、盗撮電波を捉え、盗撮電波の有無を確認し発信源を突き止めます。 デジタル通信偽装型無線式盗撮器は、Wi-Fi通信を利用するため基本的に2400MHz帯、5800MHz帯のデジタル通信電波が使用されます。密かに仕掛けられた場所及びWi-Fi通信が行える範囲に無線ルータが設置されている場合には、ネットワークを利用した盗撮が行われる恐れが十分にあります。 このデジタル通信偽装型無線式盗撮器は、通信がデジタル化されているため、アナログ式映像復調装置などでは映像を復調して見ることはできません。デジタル化した映像を見るには携帯電話端末・PCが必要です。したがって、密かにデジタル通信偽装型無線式盗撮器を仕掛けた人物だけが、ネットーワークを利用して映像を盗撮することができます。 また、デジタル化した映像信号は、他の傍受者による便乗盗撮はできませんので、他に情報が漏えいすることはありません。デジタル通信偽装型無線式盗撮器は、ネットワーク通信機器であるので、国内及び海外からでも密かに仕掛けた場所の映像を盗撮することができます。 このようなデジタル通信偽装型無線式盗撮器の通信電波を捉えるためには、当該場所内で通信されるデジタル通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が行える検出機器を使用します。一定範囲内にあるデジタル通信電波を捉え、その電界強度を検出し、高精度に表示することできる検出機器を使用して、デジタル通信電波を捉え、通信電波の有無を確認し発信源を突き止めます。 ※偽装型無線式盗撮器の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた検出機器があります。
DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探 知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 【DTK-608H】 \26,800- DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-608H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-606H Rev3】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-606H Rev3】 \26,800- 【DTK-606H Rev3】 は、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度で行えます。 ※【DTK-606H Rev3】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-607H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-607H】 \34,800- DTK-607Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-607H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-610H】GPS発信器・盗聴器・盗撮器・調査機器 【DTK-610H】 \39,000- DTK-610Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-610H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
【DTK-611H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-611HS】 \88,000- DTK-611HSは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。多彩な探知モード機能(4モード)・ガードモード(音)・ガードモード(音/バイブレーション)など、使用環境に対応した電波探査・探知・検出・発見・調査が行える多機能搭載型検出機器です。 ※【DTK-611HS】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DFC-8900PH】 プロフェッショナル・ハンドヘルド・デジタル周波数カウンター 【DFC-8900PH】 \198,000- DFC-8900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0GHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・ハンドヘルド・アナログ&デジタル周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9900PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9900PH】 \278,000- MDFC-9900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0MHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9902PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9902PH】 \378,000- MDFC-9902PHは0MHz~10000MHz(10GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。0MHz~6000MHz(6GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測を高精度で行えます。周波数カウンターモード・Livescanモード機能・ライブグラフモード機能・メモリログモード機能・音声復調モード機能により高精度な探査・探知・検出・発見・調査が行えます。 ※【MDFC-9902PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
Q12,盗撮電波の映像&音声信号を復調するには?
answer.12 アナログ無線式盗聴器から発信・送信される盗撮電波を探査・探知・検出・発見・調査した後、その電波に含まれる映像信号(又は映像信号と音声信号)を復調して、その映像(又は映像信号と音声信号)を確認することが重要になります。アナログ無線式盗撮器が使用する旧テレビ(アナログ)放送帯(1~62チャンネル)・900MHz帯・1200MHz帯・2400MHz帯・5800MHz帯のさまざまな盗撮電波(周波数)は、映像復調装置等を使用し、その映像信号(又は映像信号と音声信号)を復調して、その映像(又は映像信号と音声信号)を確認することができます。 一般的に周知されている旧テレビ(アナログ)放送帯(1~62チャンネル)ならば、旧アナログ・テレビ受信機器で映像(又は映像信号と音声信号)の復調を行えますが、900MHz帯・1200MHz帯・2400MHz帯・5800MHz帯の高周波帯によるアナログ式盗撮周波数の場合には、旧アナログ・テレビ受信機器は使用できません。(アナログ無線式盗撮器が使用する周波数は、Q.9 盗撮電波の周波数を確認するには? のA.9で説明したさまざまな周波数を使用しています。) アナログ式の盗撮電波の映像信号(又は映像信号と音声信号)を復調するには、時間と手間が掛からず、アナログ無線式盗撮器が使用する旧テレビ(アナログ)放送帯(1~62チャンネル)・900MHz帯・1200MHz帯・2400MHz帯・5800MHz帯のさまざまな盗撮電波(周波数)の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行え、同時に映像信号(又は映像信号と音声信号)を復調(変調された信号波から原信号を再生)して、その映像を液晶モニターに表示し、また音声信号がある場合にスピーカー及びイヤホンから出すことができる映像復調機器を使用します。 ※アナログ式盗撮電波の映像信号(又は映像信号と音声信号)を復調するには、下記の優れた機器があります。
【RFT-900H】 【RFT-900H】 \39,000- RFT-900Hは1MHz~1000MHzの周波数帯域を自動スキャンし、盗聴器・盗撮器等からの発信電波及び送信電波を探知・検出・発見すると、その発信電波・送信電波に音声信号が含まれている場合には、その音声信号を 瞬時に復調し内部スピーカーから出します。既存の盗聴器等が使用するV HF帯・UHF帯及び特殊な周波数を使用する盗聴器(500MHz~800MHz) 等の音声信号の有無を瞬時に確認できるため、盗聴器等の有無を確認することができます。また、既存の盗撮器及び特殊な周波数を使用する盗撮器 等からの発信・送信される電波(映像信号・音声信号)の音声信号を瞬時に確認できるため、盗撮器等の有無を確認することができます。 ※【RFT-900H】の詳細は、こちらから、参照ください。
【WCH-8001PH】プロフェッショナル・ワイヤレスカメラハンター 【WCH-8001PH】 \99,800- WCH-8001PHは、アナログ無線式超小型ピンホールカメラ盗撮器・アナログ無線式超小型偽装ピンホールカメラ盗撮器等を使用した盗撮器を高精度で探査・探知・検出・発見・調査が自動スキャンで行えるハンドヘルド・ワイヤレスカメラ探知器です。アナログ無線式盗撮器等が使用する周波数帯、900MHz帯・1200MHz帯・2400MHz帯・5800MHz帯を自動スキャンし、探査・探知・検出・発見・調査した映像信号(及び音声信号)を液晶画面に映し出します。探査・探知・検出・発見・調査した映像信号に音声信号が含まれている場合には、その音声信号を音声に復調します。復調した音声は付属のイヤホンから聞くことができます。 ※【WCH-8001PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
【WCH-8002PD】プロフェッショナル・ワイヤレスカメラハンター 【WCH-8002PH】 \168,000- WCH-8002PHは、アナログ無線式超小型ピンホールカメラ盗撮器・アナログ無線式超小型偽装ピンホールカメラ盗撮器等を使用した盗撮器を高精度で探査・探知・検出・発見・調査が自動スキャンで行えるハンドヘルド・ワイヤレスカメラ探知器です。アナログ無線式盗撮器等が使用する周波数帯、900MHz帯・1200MHz帯・2400MHz帯・5800MHz帯を自動スキャンし、探査・探知・検出・発見・調査した映像信号(及び音声信号)を液晶画面に映し出します。探査・探知・検出・発見・調査した映像信号に音声信号が含まれている場合には、その音声信号を音声に復調します。復調した音声は内蔵スピーカーから出します。映像信号(及び音声信号の有無)周波数1200MHz帯・2400MHz帯・5800MHz帯のバンドを同時に捉えることができ、各バンドの周波数をロック/保護することができます。ロック/保護された各バンドの映像(音声の有無)は個別に液晶画面に映し出すことができます。また音声信号が含まれている場合には音声に復調して内蔵スピーカーから出します。 ※【WCH-8002PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
Q13,記録型盗撮器を見つけるには?
answer13 電波を使用する無線式盗撮器ではなく、本体内部のメモリ又は外部メモリカードに映像を記録する記録型盗撮器があります。電波を一切使用しないため、電波検出機器・電波探知器・周波数カウンター・映像復調機器・ワイドバンドレシーバー(広帯域受信機)などを使用した探査・探知・検出・発見・調査は行えません。 記録型盗撮器には、生活環境にある日用品、事務用品、電化製品、置物、充電器、携帯電話、火災報知機、煙探知機など、さまざまな物に偽装した記録型盗撮器があり、普段の生活の中である物に偽装しているため、気付きにくい特徴があります。また、ユニットタイプの記録型盗撮器は、電源を確保することができれば、どのような対象物にも密かに仕掛けることが可能になります。 さまざまな盗撮器には必ず映像を捉えるため、直径1mm以下の超小型のピンホールレンズが搭載されています。直近でよく見ればピンホールレンズが確認できますが、少し距離を取ると極小さなピンホールレンズの確認は極めて難しくなり、気付くことは極めて難しくなります。肉眼で確認できる範囲及び距離には限界があります。 このような記録型盗撮器の見つけ出すには、 超小型のピンホールレンズを探し出す方法と記録型盗撮器本体を探し出す方法とがあります。 超小型ピンホールレンズを探し出す方法は、当該場所内で超小型ピンホールレンズの探査・探知・検出・発見・調査が行えるピンホールレンズ検出機器を使用します。一定範囲内にある超小型ピンホールレンズを捉えることできるピンホールレンズ検出機器を使用して、超小型ピンホールレンズの有無を確認し、密かに仕掛けられた記録式盗撮器を突き止めます。 記録型盗撮器の本体を探し出す方法は、これらの記録式盗撮器には、半導体電性デバイスが使用されています。近代的な装置及び機器などには、半導体電性デバイスが使用されます。この半導体電性デバイスの探査・探知、検出、発見、調査を高精度で行えるNLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)を使用して、密かに仕掛けられた記録式盗撮器を見つけ出します。 NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)は、記録式盗撮器の電源のON/OFF、には一切関係がなく、本体内の半導体電性デバイスを見つけ出す検出機器です。本体アンテナ送信部から照射部から各周波数の電波を照射して、リピート信号の第2調波、第3調波を受信アンテナで受信し、機器独自のデジタル・アルゴリズムで分析して、半導体電性デバイスを検出し、密かに仕掛けられた記録式盗撮器を見つけ出します。 また、NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)の特性から、床、壁、天井、什器、家具、車、バッグ、荷物、手荷物、身体及びレンガ材、ブロック材、コン クリート材など、内部が見えない場所、内部が見えない対象物に対して、半導体電性デバイスの有り/無しを高精度に探査・探知、検出、発見、調査することができるため、密かに仕掛けられた記録式盗撮器を見つけ出すことができます。 ※記録式盗撮器の超小型ピンホールレンズの探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた機器があります。
DTK-604H】盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-604H】 \14,800- DTK-604Hは無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・小型電波&レンズ探知機器です。有線式ピンホールカメラ、無線式ピンホールカメラ・内部メモリ型ピンホールカメラ・偽造型ピンホールカメラ等の超小径ピンホールレンズ(直径~1mm)を特殊赤色LEDライトと特殊赤色レンズを使用して、その存在を目視で探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えます。 ※【DTK-604H】の詳細は、こちらから、参照ください。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
※記録式盗聴/盗撮器に使用される半導体電性デバイスの探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた機器があります。
【NLJD-401】非線形結合検出器 【NLJD-401PH】 \1,380,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、、こちらから、参照ください。
 【NLJD-400PH】非線形接合検出器 【NLJD-400PH】 \1,680,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-400PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
Q14,記録型盗聴/盗撮器を見つけるには?
answer.14 電波を使用する無線式盗聴器・無線式盗撮器ではなく、本体内部のメモリ又は外部メモリカードに音声と映像を記録する記録型盗聴/盗撮器があります。電波を一切使用しないため、電波検出機器・電波探知器・周波数カウンター・映像復調機器・ワイドバンドレシーバー(広帯域受信機)などを使用した探査・探知・検出・発見・調査は行えません。 記録型盗聴/盗撮器には、生活環境にある日用品、事務用品、電化製品、置物、充電器、携帯電話、火災報知機、煙探知機など、さまざまな物に偽装した記録型盗聴/盗撮器があり、普段の生活の中である物に偽装しているため、気付きにくい特徴があります。また、ユニットタイプの記録型盗聴/盗撮器は、電源を確保することができれば、どのような対象物にも密かに仕掛けることが可能になります。 さまざまな記録型盗聴/盗撮器には必ず映像を捉えるため、直径1mm以下の超小型のピンホールレンズ超小型マイクロフォンが搭載されています。ピンホールレンズは、直近でよく見ればピンホールレンズと確認できますが、少し距離を取ると極小さなピンホールレンズの確認は極めて難しくなります。よって、超小型ピンホールレンズに気付くことは極めて難しくなります。肉眼で確認できる範囲及び距離には限界があります。 超小型マイクロフォンの小さな集音穴についても、直近でよく見ればマイクロフォンの集音穴と確認できますが、少し距離を取ると極小さなマイクロフォンの集音穴の確認は極めて難しくなります。よって、超小型マイクロフォンの集音穴に気付くことは極めて難しくなります。肉眼で確認できる範囲及び距離には限界があります。 このような記録型盗聴/盗撮器の見つけ出すには、 超小型のピンホールレンズを探し出す方法と記録型盗聴/盗撮器本体を探し出す方法とがあります。 超小型ピンホールレンズを探し出す方法は、当該場所内で超小型ピンホールレンズの探査・探知・検出・発見・調査が行えるピンホールレンズ検出機器を使用します。一定範囲内にある超小型ピンホールレンズを捉えることできるピンホールレンズ検出機器を使用して、超小型ピンホールレンズの有無を確認し、密かに仕掛けられた記録式盗聴/盗撮器を突き止めます。 記録型盗聴/盗撮器の本体を探し出す方法は、これらの記録式盗聴/盗撮器には、半導体電性デバイスが使用されています。近代的な装置及び機器などには、半導体電性デバイスが使用されます。この半導体電性デバイスの探査・探知、検出、発見、調査を高精度で行えるNLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)を使用して、密かに仕掛けられた記録式盗聴/盗撮器を見つけ出します。 NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)は、記録式盗聴/盗撮器の電源のON/OFF、には一切関係がなく、本体内の半導体電性デバイスを見つけ出す検出機器です。本体アンテナ送信部から照射部から各周波数の電波を照射して、リピート信号の第2調波、第3調波を受信アンテナで受信し、機器独自のデジタル・アルゴリズムで分析して、半導体電性デバイスを検出し、密かに仕掛けられた記録式盗聴/盗撮器を見つけ出します。 また、NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)の特性から、床、壁、天井、什器、家具、車、バッグ、荷物、手荷物、身体及びレンガ材、ブロック材、コン クリート材など、内部が見えない場所、内部が見えない対象物に対して、半導体電性デバイスの有り/無しを高精度に探査・探知、検出、発見、調査することができるため、密かに仕掛けられた記録式盗聴/盗撮器を見つけ出すことができます。 ※記録式盗撮器の超小型ピンホールレンズの探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた機器があります。
DTK-604H】盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-604H】 \14,800- DTK-604Hは無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・小型電波&レンズ探知機器です。有線式ピンホールカメラ、無線式ピンホールカメラ・内部メモリ型ピンホールカメラ・偽造型ピンホールカメラ等の超小径ピンホールレンズ(直径~1mm)を特殊赤色LEDライトと特殊赤色レンズを使用して、その存在を目視で探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えます。 ※【DTK-604H】の詳細は、こちらから、参照ください。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
※記録式盗聴/盗撮器に使用される半導体電性デバイスの探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた機器があります。
【NLJD-401】非線形結合検出器 【NLJD-401PH】 \1,380,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、、こちらから、参照ください。
 【NLJD-400PH】非線形接合検出器 【NLJD-400PH】 \1,680,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-400PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
Q15,携帯電話端末のデジタル通信電波を捉えるには?
answer.15 携帯電話、スマートフォン、i-phoneなどで使用される電波は、アナログ電波ではなく、デジタル電波を使用しています。使用周波数は、800MHz・900MHz・1800MHz・1900MHz・2100MHz・2400MHz・2600MHzなどで、それらの各周波数帯が使用されています。通信に使用される信号がデジタル暗号化されているため、アナログ式の電波検出器、アナログ式の周波数計測器、広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)、などでは、それらの通信電波を捉えることはできません。 デジタル暗号化した通信電波を捉えるにはデジタル式の信号に対応した検出器が必要です。また、信号が暗号化されているため、原則的に音声・映像などを復調することはできません。デジタル暗号化した信号は、他の傍受者による便乗盗聴・便乗盗撮はできませんので、他に情報が漏えいすることはありません。 携帯電話改造型のデジタル式盗聴器、デジタル式盗撮器が存在します。これは機器の改造業者が特注で製作し密かに販売するデジタル式盗聴器・デジタル式盗撮器で、携帯電話本体の不必要な部分を取り除き小型化したデジタル式盗聴器・デジタル式盗撮器です。元は携帯電話端末であり、通信はデジタル通信で行われるため、それらのデジタル式の通信電波を捉えることは極めて困難になります。 このような携帯電話改造型のデジタル式盗聴器・デジタル式盗撮器は、通信がデジタル暗号化されているため、アナログ式映像&音声復調装置などでは映像/音声を復調して見る/聞くことはできません。デジタル暗号化した映像/音声を見る/聞くには携帯電話端末が必要です。したがって、密かに携帯電話改造型のデジタル式盗聴器・デジタル式盗撮器を仕掛けた人物だけが、携帯電話ネットーワークを利用して音声/映像を盗聴/盗撮することができます。 また、デジタル暗号化した映像・音声信号は、他の傍受者による便乗盗聴/便乗盗撮はできませんので、他に情報が漏えいすることはありません。元は携帯電話端末であるので、国内及び海外からでも密かに仕掛けた場所の音声/映像を盗聴/盗撮することができます。 海外のGSM通信方式の地域で流通しているSIM盗聴器・SIM盗撮器というデジタル型無線式盗聴器・デジタル型無線式盗撮器が存在します。これはSIMカードを差し込み、携帯電話のネットワークを使用するデジタル型無線式盗聴器・デジタル式通信型盗撮器で、携帯電話の通信モジュールにマイクロフォン、超小型カメラを搭載して小型化したデジタル型無線式盗聴器、デジタル式通信盗撮器です。携帯電話通信モジュールを搭載した通信端末であり、通信はデジタル通信で行われるため、それらのデジタル式の通信電波を捉えることは極めて困難になります。 このような海外で使用されるGSM通信方式のSIM盗聴器・SIM盗撮器は、通信がデジタル暗号化されているため、アナログ式映像&音声復調装置などでは映像を復調して見ることはできません。デジタル化した映像を見るには携帯電話端末が必要です。したがって、密かにGSM通信方式のSIM盗聴器・SIM盗撮器を仕掛けた人物だけが、携帯電話ネットーワークを利用して音声/映像を盗聴/盗撮することができます。 これらの携帯電話・スマートフォン・i-phone・デジタル型の携帯電話改造型盗聴器・携帯電話改造型盗撮器・GSM通信方式のSIM盗聴器(海外)・SIM盗撮器(海外)などのデジタル通信電波を捉えるためには、当該場所で通信されるデジタル電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度に行える検出機器を使用します。一定範囲内で行われるデジタル通信電波を捉え、その電界強度又は周波数を高精度に表示することができる検出機器を使用して、デジタル通信電波の有無を確認し発信源を突き止めます。 ※デジタル通信電波(携帯電話)の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた検出機器があります。
DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探 知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 【DTK-608H】 \26,800- DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-608H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-606H Rev3】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-606H Rev3】 \26,800- 【DTK-606H Rev3】 は、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度で行えます。 ※【DTK-606H Rev3】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-607H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-607H】 \34,800- DTK-607Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-607H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-610H】GPS発信器・盗聴器・盗撮器・調査機器 【DTK-610H】 \39,000- DTK-610Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-610H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
【DTK-611H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-611HS】 \88,000- DTK-611HSは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。多彩な探知モード機能(4モード)・ガードモード(音)・ガードモード(音/バイブレーション)など、使用環境に対応した電波探査・探知・検出・発見・調査が行える多機能搭載型検出機器です。 ※【DTK-611HS】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DFC-8900PH】 プロフェッショナル・ハンドヘルド・デジタル周波数カウンター 【DFC-8900PH】 \198,000- DFC-8900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0GHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・ハンドヘルド・アナログ&デジタル周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9900PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9900PH】 \278,000- MDFC-9900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0MHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9902PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9902PH】 \378,000- MDFC-9902PHは0MHz~10000MHz(10GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。0MHz~6000MHz(6GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測を高精度で行えます。周波数カウンターモード・Livescanモード機能・ライブグラフモード機能・メモリログモード機能・音声復調モード機能により高精度な探査・探知・検出・発見・調査が行えます。 ※【MDFC-9902PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
Q16,携帯電話端末のデジタル周波数を確認するには?
answer.16 携帯電話、スマートフォン、i-phoneなどで使用される電波は、アナログ電波ではなく、デジタル電波を使用しています。使用周波数は、800MHz・900MHz・1800MHz・1900MHz・2100MHz・2400MHz・2600MHzなどで、それらの各周波数帯が使用されています。通信に使用される信号がデジタル暗号化されているため、アナログ式の周波数カウンター、広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)などでは、それらの周波数を計測することはできません。 デジタル暗号化した通信電波を捉え、その周波数を計測するにはデジタル式の信号に対応した周波数検出器が必要です。 また、信号がデジタル暗号化されているため、原則的に音声・映像などを復調することはできません。デジタル暗号化した信号は、他の傍受者による便乗盗聴・便乗盗撮はできませんので、他に情報が漏えいすることはありません。 携帯電話改造型のデジタル式盗聴器、デジタル式盗撮器が存在します。これは機器の改造業者が特注で製作し密かに販売するデジタル式盗聴器・デジタル式盗撮器で、携帯電話本体の不必要な部分を取り除き小型化したデジタル式盗聴器・デジタル式盗撮器です。元は携帯電話端末であり、通信はデジタル通信で行われるため、それらのデジタル暗号化した信号を捉え、その周波数を計測するにはデジタル式の信号に対応した周波数検出器が必要です。 このような携帯電話改造型のデジタル式盗聴器・デジタル式盗撮器は、通信がデジタル暗号化されているため、アナログ式映像&音声復調装置などでは映像/音声を復調して見る/聞くことはできません。デジタル暗号化した映像/音声を見る/聞くには携帯電話端末が必要です。したがって、密かに携帯電話改造型のデジタル式盗聴器・デジタル式盗撮器を仕掛けた人物だけが、携帯電話ネットーワークを利用して音声/映像を盗聴/盗撮することができます。 また、デジタル暗号化した映像・音声信号は、他の傍受者による便乗盗聴/便乗盗撮はできませんので、他に情報が漏えいすることはありません。元は携帯電話端末であるので、国内及び海外からでも密かに仕掛けた場所の音声/映像を盗聴/盗撮することができます。 海外のGSM通信方式の地域で流通しているSIM盗聴器・SIM盗撮器というデジタル型無線式盗聴器・デジタル型無線式盗撮器が存在します。これはSIMカードを差し込み、携帯電話のネットワークを使用するデジタル型無線式盗聴器・デジタル式通信型盗撮器で、携帯電話の通信モジュールにマイクロフォン、超小型カメラを搭載して小型化したデジタル型無線式盗聴器、デジタル式通信盗撮器です。携帯電話通信モジュールを搭載した通信端末であり、通信はデジタル通信で行われるため、それらのデジタル暗号化した通信を捉え、その周波数を計測するにはデジタル式の信号に対応した周波数検出器が必要です。 このような海外で使用されるGSM通信方式のSIM盗聴器・SIM盗撮器は、通信がデジタル暗号化されているため、アナログ式の周波数カウンター、広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)、などでは、それらの周波数を計測することはできません。デジタル暗号化した音声を聞く/映像を見るには携帯電話端末が必要です。したがって、密かにGSM通信方式のSIM盗聴器・SIM盗撮器を仕掛けた人物だけが、携帯電話ネットーワークを利用して、音声/映像を盗聴/盗撮することができます。 これらの携帯電話・スマートフォン・i-phone・デジタル型の携帯電話改造型盗聴器・携帯電話改造型盗撮器・GSM通信方式のSIM盗聴器(海外)・SIM盗撮器(海外)などのデジタル通信電波を捉え、その周波数を計測ためには、当該場所で通信されるデジタル電波を捉え、その周波数を探査・探知・検出・発見・調査を高精度に行える周波数検出機器を使用します。一定範囲内で行われるデジタル通信電波を捉え、その周波数と電界強度を高精度に表示することができる周波数検出機器を使用して、デジタル通信電波の有無とその周波数を計測し発信源を突き止めます。 ※デジタル通信電波(周波数)の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた検出機器があります。
【DFC-8900PH】 プロフェッショナル・ハンドヘルド・デジタル周波数カウンター 【DFC-8900PH】 \198,000- DFC-8900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0GHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・ハンドヘルド・アナログ&デジタル周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9900PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9900PH】 \278,000- MDFC-9900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0MHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9902PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9902PH】 \378,000- MDFC-9902PHは0MHz~10000MHz(10GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。0MHz~6000MHz(6GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測を高精度で行えます。周波数カウンターモード・Livescanモード機能・ライブグラフモード機能・メモリログモード機能・音声復調モード機能により高精度な探査・探知・検出・発見・調査が行えます。 ※【MDFC-9902PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
Q17,携帯電話端末の本体を見つけるには?
answer.17 携帯電話端末の探査・探知・検出・発見・調査には、Q.15携帯電話端末のデジタル通信電波を捉えるには? のA.15で説明したとおり、デジタル式で通信される電波をデジタル通信電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるデジタル対応検出機器を使用する方法と、携帯電話端末本体を探査・探知・検出・発見・調査する方法があります。 一般的に使用される通信端末には、携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHSなどの端末があり、他には携帯電話を改造した携帯電話改造型盗聴器、携帯電話ネットワークを使用したGPS発信器(GPS追跡装置)、海外で使用される通信モジュールを使用したSIM盗聴器・SIM盗撮器及びGPSトラッカー(GPS発信器と音声盗聴器が同時に行われるGSM方式のSIM通信端末)などがあります。また、これらの端末は、密かに仕掛けて盗聴器/盗撮器として利用するケース、密かに仕掛けて位置情報を盗み取るケース、リアルタイムに音声/映像を不正に送信するケース、試験会場でハイテクカンニングに不正使用されるケースがあります。 これらの携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHS・携帯電話改造型盗聴器・SIM盗聴器(海外)・SIM盗撮器(海外)・GPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)などには、半導体電性コンポーネントが使用されています。近代的な装置及び機器には、半導体電性コンポーネントが使用されます。この半導体電性コンポーネントの探査・探知、検出、発見、調査を高精度で行えるNLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)を使用して、密かに仕掛けられた携帯電話、スマートフォン、i-phone、・PHS・携帯電話改造型盗聴器・SIM盗聴器・SIM盗撮器・GPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)などを見つけ出します。 NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)は、端末自体の通信の有り/無し、電源のON/OFF、には一切関係がなく、本体内の半導体電性コンポーネントを見つけ出す検出機器です。本体アンテナ送信部から照射部から各周波数の電波を照射して、リピート信号の第2調波、第3調波を受信アンテナで受信し、機器独自のデジタル・アルゴリズムで分析して、半導体電性コンポーネントを検出し、密かに仕掛けられた携帯電話・スマートフォン・i-phone、・PHS・携帯電話改造型盗聴器・SIM盗聴器(海外)・SIM盗撮器(海外)・GPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)などを見つけ出します。 また、NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)の特性から、床、壁、天井、什器、家具、車、バッグ、荷物、手荷物、身体及びレンガ材、ブロック材、コン クリート材など、内部が見えない場所、内部が見えない対象物に対して、半導体電性コンポーネントの有り/無しを高精度に探査・探知、検出、発見、調査することができるため、密かに仕掛けられた携帯電話・スマートフォン・i-phone、・PHS・携帯電話改造型盗聴器・SIM盗聴器(海外)・SIM盗撮器(海外)・GPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)などを見つけ出すことができます。 ※携帯電話本体の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた機器があります。
【NLJD-8000H Rev2】超高性能プロフェッショナル・ハンドヘルド・セルフォン・GPS探知器 【NLJD-8000PH】 \228,000- 機器本体先端部から特殊な電波を照射して探査・検出を行いますので電波を透過する対象物(梱包された荷物内の対象物・服内の対象物・壁内の対象物・床内の対象物・天井内の対象物・ソファ内の対象物・ベッド内の対象物・オブジェ内の対象物・ブロック内の対象物・収納ボックス内の対象物・タンス内の対象物・木製品内の対象物・プラスチック製品内の対象物・車内のパネル内の対象物・車内のシート内の対象物・車内の天井内の対象物・車内のフロアカーペット内の対象物・車内のプラスチック内の対象物・車の前後バンパー内の対象物・その他の対象物内)に対して超高精度 に対象物を探査し検出することができる超高性能プロフェッショナル・ハンドヘルド・セルフォン・GPS探知器 Rev.2です。 ※【NLJD-8000PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
【NLJD-401】非線形結合検出器 【NLJD-401PH】 \1,380,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、、こちらから、参照ください。
 【NLJD-400PH】非線形接合検出器 【NLJD-400PH】 \1,680,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-400PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
Q18,車両用追跡音間欠発振器の発信電波を捉えるには?
answer.18 GPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)ではありませんが、車両用音追跡間欠発信器という機器が確認されています。デジタル通信端末ではなく、アナログ発信電波を使用する追跡発信器で、基本的に140MHz~150MHzのVHF帯が使用されます。この車両用音追跡間欠発信器の特徴は、アナログ電波を1~3秒間隔で一回発信する間欠発信、一秒間に1~9回の間欠発信を行う機種があります。後者の場合、電波の発信幅は1/500秒(2ms)の極めて短時間の電波発信になります。 間欠発信電波の到達距離は、機器の出力にもよりますが1km又はそれ以上の距離まで到達します。この間欠発信電波を受信することで、電波の飛んでくる方向とおおよその距離感を判断することができます。間欠発信電波に変調をかけることにより、特殊な受信モードでなければ間欠発信音を復調することができない機種、専用の受信機でなければ間欠発信電波を確認することができない機種が確認されています。電源は主にリチウム電池・アルカリ電池が使用され、装着される電池の容量にもよりますが、約1ヶ月又はそれ以上持続するタイプが確認されています。 車両用音追跡間欠発信器から発信・送信される間欠信号を捉えるためには、車両から発信・送信される間欠信号の探査・探知・検出・発見・調査と間欠信号の監視を高精度に行える検出機器を使用します。一定範囲内にある間欠発信電波を捉え、その電界強度又は周波数を高精度に表示することができる検出機器を使用して、間欠信号の有無を確認し発信源を突き止めます。 ※車両用音追跡間欠発信器の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた機器があります。
DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探 知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 【DTK-608H】 \26,800- DTK-608Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-608H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-606H Rev3】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-606H Rev3】 \26,800- 【DTK-606H Rev3】 は、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度で行えます。 ※【DTK-606H Rev3】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-607H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-607H】 \34,800- DTK-607Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-607H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DTK-610H】GPS発信器・盗聴器・盗撮器・調査機器 【DTK-610H】 \39,000- DTK-610Hは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。 ※【DTK-610H】 の詳細は、こちらから、参照ください。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
【DTK-611H】 盗聴器・盗撮器・携帯電話・GPSスキャナー 【DTK-611HS】 \88,000- DTK-611HSは、無線式盗聴器・無線式盗撮器等に使用されるアナログ発信、送信電波(変調含む)及び携帯電話等に使用されるデジタル通信電波(高周波)に対応し、それらの発信電波・送信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行えるハンドヘルド・探知機器です。多彩な探知モード機能(4モード)・ガードモード(音)・ガードモード(音/バイブレーション)など、使用環境に対応した電波探査・探知・検出・発見・調査が行える多機能搭載型検出機器です。 ※【DTK-611HS】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【DFC-8900PH】 プロフェッショナル・ハンドヘルド・デジタル周波数カウンター 【DFC-8900PH】 \198,000- DFC-8900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0GHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・ハンドヘルド・アナログ&デジタル周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9900PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9900PH】 \278,000- MDFC-9900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0MHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9902PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9902PH】 \378,000- MDFC-9902PHは0MHz~10000MHz(10GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。0MHz~6000MHz(6GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測を高精度で行えます。周波数カウンターモード・Livescanモード機能・ライブグラフモード機能・メモリログモード機能・音声復調モード機能により高精度な探査・探知・検出・発見・調査が行えます。 ※【MDFC-9902PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
Q19,GPSとは何のこと?
answer.19 GPSとは、全地球測位システム(グローバルポジショニングシステム)と言います。人工衛星と地上の制御局を利用して、自分の現在位置・車両の現在位置・対象機器の現在位置などを高精度に測定するシステムです。 高度約2万kmの6つの円軌道に4基ずつ配置された米国防総省が管理するGPS衛星からの電波を利用して、4基以上の衛星からの電波の到着時間の差によって現在位置を測定します。この時、緯度、経度、高度などを数十メートルの精度で割り出すことができます。 本来の目的は、軍事用に開発されたシステムですが、携帯電話・航空機や船舶などの航行システム・地学の研究・動物の移動に関する研究・子供の防犯対策・認知症の徘徊対策・自動車のナビゲーションシステム・デジタルカメラ・車両の運行管理など、幅広く利用されています 人工衛星を利用して自分が、車両が、対象機器が地球上のどこにいるのかを正確に割り出すシステムで、米軍の軍事技術の一つです。地球周回軌道に30基程度配置された人工衛星が発信する電波を利用して、受信機の緯度・経度・高度などを数cmから数十mの誤差で割り出すことができます。 米国防総省の管理するNAVSTAR衛星は、高度約2万kmの6つの軌道面にそれぞれ4基以上、計24基以上が配置されており、約12時間周期で地球を周回しています。約7年半で衛星の寿命が迎えるため、毎年のように新しい衛星を打ち上げて軌道に投入しており、概ね30基前後の衛星が常時運用されています。GPS衛星は高性能の原子時計を内蔵しており、1.2Ghz/1.5GHz帯の電波で時刻を含むデータを地上に送信しています。 GPS受信機は複数のGPS衛星からの電波を受信して、それぞれとの距離を割り出すことにより、現在位置を測定します。3基の衛星が見えるところでは緯度と経度を割り出すことができます。4基の衛星が見えるところでは、緯度・経度・高度を割り出すことができます。 GPS衛星の発信する電波に含まれる時刻データは暗号化されたデータと暗号化されていないデータの2種類があり、暗号化されたデータは米軍しか利用することができません。誤差は数cmから数十cmと推測され、精密誘導兵器などに利用されています。民生用に利用できるものは暗号化されていないデータで、故意に精度が落とされているため、誤差は数10~数100m程度となります。 現在地の誤差をより小さくするため、DGPS(ディファレンシャルGPS)サービス(位置情報補正サービス)が実用化されています。全国に設置されたGPS基地局からの信号によって、位置情報の補正を行い、誤差を数mに縮めることができます。PCGPSでは、このディファレンシャル機能により、誤差を約2~5mに実現しています。 過去には米国防総省が安全保障上の理由から民生用GPS信号の精度を100m程度まで落としたことがあり、各国政府は位置情報をアメリカ政府に依存する状態に危機感を抱いた。EU(欧州連合)各国は共同でGPS同様の人工衛星を利用した位置測位システム「Galileo」(ガリレオ)を推進しています。ロシアも旧ソ連時代から「GLONASS」と呼ばれる位置測位システムを推進しています。 GPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)にもGPS機能が搭載されています。現在地の位置情報を測位し、携帯電話ネットワーク、サーバーを経由して、位置検索者が使用する端末にその位置情報を送信します。しかし、GPS衛星からの信号が届かない場所では、信号を受信できないため、位置を割出すことはできません。そのような場合、各携帯電話基地局との通信により、現在地を割出すA-GPSになっています。GPS信号を受信した場合の精度には劣りますが、概ね精度のよい位置を割出します。 A-GPSとは、GPS(全地球測位システム)を利用した位置計測に加えて、携帯電話のネットワークにより計測できる位置情報を補助的に利用する技術のことです。GPSは人工衛星を中継して現在位置を計測するシステムであるため、地球上の広範囲を測位対象にできるメリットがある一方、電波が衛星を中継するため、少なからず一定の時間がかかるデメリットがあります。 A-GPSは、地上に比較的高密度に設置されている携帯電話基地局と端末との間で発生するデータ通信を利用して、端末の位置を計測するため、位置計測に要する時間が短くて済むというメリットがあります。また、利用する信号の性質上、ある程度は屋内でも位置計測を行うことができます。
Q20,GPS発信器・GPS追跡装置の通信を捉えるには?
answer.20 GPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)はデジタル通信を双方向で行うため、この通信電波を捉えるにはデジタル通信を探査・探知・検出・発見・調査を高精度に行える高性能検出機器が必要です。ワイドバンドレシーバー(広帯域受信機)、アナログ受信機、その他アナログ探知器・アナログ発見機等ではデジタル通信を捉えることはできません。 GPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)は、基地局からの位置情報の取得通信(指令)から、現在地の位置情報を取得し、その情報を基地局に送信するまで約15~30秒間通信を行います。この通信を捉えるにはデジタル通信を探査・探知・検出・発見・調査を高精度に行える高性能検出機器が必要です。ワイドバンドレシーバー(広帯域受信機)、アナログ受信機、その他アナログ探知器・アナログ発見機等ではデジタル通信を捉えることはできません。 GPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)は、基地局との基本交信を数十分間に一度行いますが、短い時間で完了するため、その基本交信を捉えるにはデジタル通信を高精度に捉える高性能検出機器が必要です。ワイドバンドレシーバー(広帯域受信機)、アナログ受信機、その他アナログ探知器・アナログ発見機等ではデジタル通信を捉えることはできません。また、待機状態にあるGPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)は、通信電波を一切出しません。 国内で販売されているGPS発信器(GPS追跡装置)は、ココセコム・あんしんGPS・みまもりGPS・ドコモかんたんGPS・ペットフィット・WillGPS(追跡型GPSロガー)・3G/GPSロガー(追跡型GPSロガー)・その他のGPS発信器(GPS追跡装置)など、多種多様なGPS発信器(GPS追跡装置)があります。 GPS発信器(GPS追跡装置)端末とは異なりますが、マモリーノⅡ・ドコモキッズケータイ・みまもりケータイなど、子供用の携帯電話についてもGPS発信器(GPS追跡装置)として使用できます。各キャリアの携帯電話会社及び他のGPS発信機器の運営/販売会社から購入することができます。 また、これらのGPS発信器(GPS追跡装置)端末、子供用の携帯電話を改造した改造型GPS発信器(GPS追跡装置)がレンタル及び販売がされています。改造型は、不必要な筐体・ディスプレー・ボタンなどを取り除いて、大容量の充電池を装着し、専用のケース又は熱収縮チューブに収め、極力小型化したGPS発信器(GPS追跡装置)で、必要に応じて車両に取り付けに必要な強力な磁石が取り付けられています。 子供用の携帯電話を改造した改造型GPS発信器(GPS追跡装置)も同じく、不必要な筐体・ディスプレー・ボタンなどを取り除いて、大容量の充電池を装着し、専用のケース又は熱収縮チューブに収め、極力小型化したGPS発信器(GPS追跡装置)で、必要に応じて車両に取り付けに必要な強力な磁石が取り付けられています。この改造型GPS発信器(GPS追跡装置)の場合、元は携帯電話であるため、現在地の位置情報とは別に周囲の音(音声)を聞くことができてしまいます。 このようなGPS発信器(GPS追跡装置)、改造型GPS発信器(GPS追跡装置)、子供用の携帯電話を改造した改造型GPS発信器(GPS追跡装置)が、密かに車内又は車台に仕掛けられた場合には、現在地の位置情報~移動先の位置情報がすべてリアルタイムに把握されてしまいます。位置検索モードには、自動検索モードがあり、任意の位置検索の時間を設定により、自動的に位置検索が行われるため、すべての移動記録がサーバーに保存され、すべての位置情報が把握されてしまします。 さらに、子供用の携帯電話を改造した改造型GPS発信器(GPS追跡装置)が、密かに車内に仕掛けられた場合には、現在地の位置情報~移動先の位置情報、自動検索モードによるすべての移動位置情報が把握され、必要に応じて車内の音(音声)についても把握されてしまします。密かに車台に仕掛けられた場合には、現在地の位置情報~移動先の位置情報、自動検索モードによるすべての移動位置情報が把握され、走行中であるのか、停車中であるのか、音情報により把握されてしまします。 これらのGPS発信器(GPS追跡装置)、改造型GPS発信器(GPS追跡装置)、子供用の携帯電話を改造した改造型GPS発信器(GPS追跡装置)のデジタル通信電波を捉えるためには、当該場所で通信されるデジタル電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度に行えるデジタル電波対応の検出機器を使用します。 一定範囲内で行われるデジタル通信電波を捉え、その電界強度、又は電界強度と周波数を高精度に表示することができるデジタル電波対応の検出機器を使用して、デジタル通信電波の有無、又はデジタル通信電波の有無とその周波数を計測し発信源を突き止めます。 ※GPS発信器(GPS追跡装置)の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた検出機器があります。
【DFC-8900PH】 プロフェッショナル・ハンドヘルド・デジタル周波数カウンター 【DFC-8900PH】 \198,000- DFC-8900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0GHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・ハンドヘルド・アナログ&デジタル周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
【MDFC-9900PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9900PH】 \278,000- MDFC-9900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0MHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9902PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9902PH】 \378,000- MDFC-9902PHは0MHz~10000MHz(10GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。0MHz~6000MHz(6GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測を高精度で行えます。周波数カウンターモード・Livescanモード機能・ライブグラフモード機能・メモリログモード機能・音声復調モード機能により高精度な探査・探知・検出・発見・調査が行えます。 ※【MDFC-9902PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
Q21,GPS発信器・GPS追跡装置の本体を見つけるには?
answer.21 GPS発信器(GPS追跡装置)の探査・探知・検出・発見・調査には、Q.20 GPS発信器・GPS追跡装置の通信を捉えるには? のA.20で説明したとおり、デジタルで通信される電波をデジタル通信電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるデジタル対応検出機器を使用する方法があります。別の方法として、GPS発信器(GPS追跡装置)端末の本体を探査・探知・検出・発見・調査する方法があります。 待機状態にあるGPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)は、通信電波を一切出さないため、その本体を探し出すためにはGPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)内部の半導体電性デバイスの探査・探知・検出・発見・調査が行える特殊な機器:NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)使用して探し出すことが可能です。 ドアパネル内部、後部ドアパネル内部、天井内部、バックランプ内部周辺、ヘッドライト内部周辺、シート内部など、そのつど取外して確認するには作業手間等の関係上、無理があります。取外さなくても内部のGPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)の有無を判断するには、本体内部の半導体電性デバイスの探査・探知・検出・発見・調査が行える特殊な機器:NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)を使用して探し出すことが可能です。 車両の配線(ハーネス)に取付けられたケースでは、どのようにしてGPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)の調査を行うかが重要な問題です。車にはたくさんの配線(ハーネス)が這わせてあります。一つ一つ表に出して確認することは現実的に無理です。目視、手探りではおのずと限界があります。取外さなくても内部のGPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)の有無を判断するには、本体内部の半導体電性デバイスの探査・探知・検出・発見・調査が行える特殊な機器:NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)を使用して探し出すことが可能です。 GPS発信器(GPS追跡装置)には、半導体電性コンポーネントが使用されています。近代的な装置及び機器などには、半導体電性コンポーネントが使用されます。この半導体電性コンポーネントの探査・探知、検出、発見、調査を高精度で行えるNLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)を使用して、密かに仕掛けられたGPS発信器(GPS追跡装置)を見つけ出します。 NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)は、GPS発信器(GPS追跡装置)の通信の有り/無し、電源のON/OFF、には一切関係がなく、本体内の半導体電性コンポーネントを見つけ出す検出機器です。本体アンテナ送信部から照射部から各周波数の電波を照射して、リピート信号の第2調波、第3調波を受信アンテナで受信し、機器独自のデジタル・アルゴリズムで分析して、半導体電性コンポーネントを検出し、密かに仕掛けられたGPS発信器(GPS追跡装置)を見つけ出します。 また、NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)の特性から、車両のバンパー・床・天井・前部ドアパネル内部・後部ドアパネル内部・後部パネル倍部・シート内部など、内部が見えない場所、内部が見えない対象物に対して、半導体電性コンポーネントの有り/無しを高精度に探査・探知、検出、発見、調査することができるため、密かに仕掛けられたGPS発信器(GPS追跡装置)を見つけ出すことができます。 ※GPS発信器(GPS追跡装置)本体の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた機器があります。
【NLJD-8000H Rev2】超高性能プロフェッショナル・ハンドヘルド・セルフォン・GPS探知器 【NLJD-8000PH】 \228,000- 機器本体先端部から特殊な電波を照射して探査・検出を行いますので電波を透過する対象物(梱包された荷物内の対象物・服内の対象物・壁内の対象物・床内の対象物・天井内の対象物・ソファ内の対象物・ベッド内の対象物・オブジェ内の対象物・ブロック内の対象物・収納ボックス内の対象物・タンス内の対象物・木製品内の対象物・プラスチック製品内の対象物・車内のパネル内の対象物・車内のシート内の対象物・車内の天井内の対象物・車内のフロアカーペット内の対象物・車内のプラスチック内の対象物・車の前後バンパー内の対象物・その他の対象物内)に対して超高精度 に対象物を探査し検出することができる超高性能プロフェッショナル・ハンドヘルド・セルフォン・GPS探知器 Rev.2です。 ※【NLJD-8000PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
【NLJD-401】非線形結合検出器 【NLJD-401PH】 \1,380,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、、こちらから、参照ください。
 【NLJD-400PH】非線形接合検出器 【NLJD-400PH】 \1,680,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-400PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
Q22,GPSロガーの本体を見つけるには?
answer.22 GPSロガー(移動軌跡記録装置)は、Q.19 GPSとは何のこと? のA.19で説明したGPS(全地球測位システム)を使用して移動した軌跡をログとして本体メモリに記録する装置です。記録されるデータには、緯度・経度と時刻の他にも、高度や速度、出発点からの距離も含め多くの情報が含まれます。 GPSロガー(移動軌跡記録装置)に記録されたデータは、後でPCにアップロードし専用ソフトを使用すると、移動した軌跡がグーグルマップ・グーグルアース・航空写真上に表示されます。又はトラック専用サーバーにアップロードすると、移動した軌跡がグーグルマップ・グーグルアース・航空写真上に表示されます。画面に表示された移動軌跡から移動開始時間・停止時間・スピード・高度・日付などの情報が読み取れる優れたツールです。 GPSロガー(移動軌跡記録装置)は、電波を発信せず通信もしません。GPS衛星からのGPS信号を利用して、移動した軌跡の各種データを記録するだけの機器です。また、GPSロガー(移動軌跡記録装置)は電波を利用しないため、アナログ電波の探知機器・検出機器・発見機器・広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)・盗聴電波発見機器・デジタル電波の検出機器などでは、GPSロガー(移動軌跡記録装置)を探し出すことはできません。 GPSロガーは、さまざまなタイプがあります。基本的に小型に出来ているため、容易に車両に仕掛けることができますが、仕掛ける場所に注意が必要です。GPS衛星からのGPS信号を利用するので、GPS信号が受信できない場所に仕掛けた場合には、移動した軌跡をログとして記録することができなくなります。GPS信号を受信できる場所に仕掛けなければなりません。 GPSロガーに装着されている充電池は、基本的に電池容量が少なく長期間の連続運転はできません。頻繁に充電池を交換しなければなりませんが、ログを記録する時間設定を長くすれば、連続運転時間は長くなりますが、詳細な移動軌跡を記録することはできなくなります。このような充電池及び連続運転の問題を解決した改造型GPSロガー(移動軌跡記録装置)が、レンタル及び販売がされています。 改造型GPSロガー(移動軌跡記録装置)は、不必要な筐体・ディスプレーなどを取り除いて、大容量の充電池を装着し、専用のケース又は熱収縮チューブに収め、長期間連続運転ができるように改造してあり、必要に応じて車両に取り付けに必要な強力な磁石が取り付けられています。このような改造型のGPSロガー(移動軌跡記録装置)が仕掛けられた場合には、長期間の移動した軌跡のログが記録され、回収後詳細な移動した軌跡の情報が盗まれてしまいます。 このようなGPSロガー、改造型GPSロガーを探し出すためには、GPSロガー(移動軌跡記録装置)本体の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行える高性能機器を使用して、密かに隠されたGPSロガー(移動軌跡記録装置)、改造型GPSロガーを探し出すことができます。 GPSロガー・改造型GPSロガーには、半導体電性コンポーネントが使用されています。近代的な装置及び機器などには、半導体電性コンポーネントが使用されます。この半導体電性コンポーネントの探査・探知、検出、発見、調査を高精度で行えるNLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)を使用して、密かに仕掛けられたGPSロガー・改造型GPSロガーを見つけ出します。 NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)は、GPSロガー・改造型GPSロガー自体の電源のON/OFFには一切関係がなく、本体内の半導体電性コンポーネントを見つけ出す検出機器です。本体アンテナ送信部から照射部から各周波数の電波を照射して、リピート信号の第2調波、第3調波を受信アンテナで受信し、機器独自のデジタル・アルゴリズムで分析して、半導体電性コンポーネントを検出し、密かに仕掛けられたGPSロガー・改造型GPSロガーを見つけ出します。 また、NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)の特性から、車両のバンパー・床・天井・前部ドアパネル内部・後部ドアパネル内部・後部パネル倍部・シート内部など、内部が見えない場所、内部が見えない対象物に対して、半導体電性コンポーネントの有り/無しを高精度に探査・探知、検出、発見、調査することができるため、密かに仕掛けられたGPSロガー・改造型GPSロガーを見つけ出すことができます。 ※GPSロガー(移動軌跡記録装置)本体の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた機器があります。
【NLJD-8000H Rev2】超高性能プロフェッショナル・ハンドヘルド・セルフォン・GPS探知器 【NLJD-8000PH】 \228,000- 機器本体先端部から特殊な電波を照射して探査・検出を行いますので電波を透過する対象物(梱包された荷物内の対象物・服内の対象物・壁内の対象物・床内の対象物・天井内の対象物・ソファ内の対象物・ベッド内の対象物・オブジェ内の対象物・ブロック内の対象物・収納ボックス内の対象物・タンス内の対象物・木製品内の対象物・プラスチック製品内の対象物・車内のパネル内の対象物・車内のシート内の対象物・車内の天井内の対象物・車内のフロアカーペット内の対象物・車内のプラスチック内の対象物・車の前後バンパー内の対象物・その他の対象物内)に対して超高精度 に対象物を探査し検出することができる超高性能プロフェッショナル・ハンドヘルド・セルフォン・GPS探知器 Rev.2です。 ※【NLJD-8000PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
【NLJD-401】非線形結合検出器 【NLJD-401PH】 \1,380,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、、こちらから、参照ください。
 【NLJD-400PH】非線形接合検出器 【NLJD-400PH】 \1,680,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-400PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
【3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)】 GPSロガー(移動軌跡記録装置)に3G通信機能が搭載された3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)があり、既存のGPSトラッカー(GPS発信器・GPS追跡装置)を上回る機能が搭載されています。そう遠くない内に改造型3G/GPSロガー(改造型3G/GPS移動軌跡記録装置)が確認されるのも時間の問題です。 既存のGPSロガー(移動軌跡記録装置)は移動した軌跡を本体メモリにログとして記録するだけの機器でしたが、この3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)は、docomo・FOMAの通信網を使用して通信を行うことができます。また、GSM通信方式の通信網にも対応することができるため、海外でも使用でき、海外からでも使用することができます。 3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)は、3G通信によりリアルタイムにPC、スマートフォン、i-Phoneなどの通信端末に現在地を地図表示することができます。また、移動軌跡、時刻、日付、速度、高度、緯度経度、方位、GPS捕捉などの情報を既存のGPSロガー(移動軌跡記録装置)と同様、地図上に表示することができます。さらに、バッテリー残量を表示することができます。 3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)の通信はデジタル電波で行われますが、常時通信しているわけではありません。必要な時にだけ少ない時間(10~15~30秒)で通信を行い、現在地(位置情報)を割出し、携帯電話ネットワークに送信して通信を終了します。したがって、必要がない時には通信を行うことはありません。ただし、3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)と基地局との基本交信は数十分間に一度の割合で定期的に行われますが、この通信を捉えることは極めて困難です。 3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)の通信はデジタル通信で行われます。このデジタル通信は、アナログ電波の探知機器・検出機器・発見機器・広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)・盗聴電波発見機器などでは、3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)のデジタル通信電波を捉えることも、その通信源を突き止めることもできません。 ■このような3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)を探し出すためには、デジタル通信電波を探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行える高性能機器を使用して、通信電波を捉え、密かに隠された3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)の発信源を突き止めることができます。 ※3G/GPSロガーの探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた検出機器があります。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
【DFC-8900PH】 プロフェッショナル・ハンドヘルド・デジタル周波数カウンター 【DFC-8900PH】 \198,000- DFC-8900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0GHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・ハンドヘルド・アナログ&デジタル周波数カウンターです。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9900PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9900PH】 \278,000- MDFC-9900PHは、10MHz~500MHz・500MHz~3.0MHzのアナログ発信送信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数を高精度に計測が行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。盗聴器・盗撮器・他不正発信機器等の発信電波・送信電波の周波数値(MHz)を計測し、その周波数値(MHz)と電界強度をリアルタイムに8ビットLCDディスプレーに表示します。 ※【DFC-8900PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
【MDFC-9902PH】 ハイパフォーマンス・多機能ハンドヘルド・デジタル&アナログRF検出器 【MDFC-9902PH】 \378,000- MDFC-9902PHは0MHz~10000MHz(10GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測・探知・検出・発見・調査を高精度で行えるプロフェッショナル・多機能ハンドヘルド・アナログ&デジタル検出機器です。0MHz~6000MHz(6GHz)の周波数を使用するアナログ発信機器・デジタル通信機器等から発信・送信・通信される電波の周波数の計測を高精度で行えます。周波数カウンターモード・Livescanモード機能・ライブグラフモード機能・メモリログモード機能・音声復調モード機能により高精度な探査・探知・検出・発見・調査が行えます。 ※【MDFC-9902PH】 の詳細は、こちらから、参照ください。
■3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)のデジタル通信電波を捉える方法とは別に、3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)本体の探査・探知・検出・発見・調査が高精度で行える高性能機器を使用して、密かに隠された3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)を探し出すことができます。 3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)には、半導体電性コンポーネントが使用されています。近代的な装置及び機器などには、半導体電性コンポーネントが使用されます。この半導体電性コンポーネントの探査・探知、検出、発見、調査を高精度で行えるNLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)を使用して、密かに仕掛けられた3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)を見つけ出します。 NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)は、3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)の通信の有り/無し、電源のON/OFFには一切関係がなく、本体内の半導体電性コンポーネントを見つけ出す検出機器です。本体アンテナ送信部から照射部から各周波数の電波を照射して、リピート信号の第2調波、第3調波を受信アンテナで受信し、機器独自のデジタル・アルゴリズムで分析して、半導体電性コンポーネントを検出し、密かに仕掛けられた3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)を見つけ出します。 また、NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)の特性から、車両のバンパー・床・天井・前部ドアパネル内部・後部ドアパネル内部・後部パネル倍部・シート内部など、内部が見えない場所、内部が見えない対象物に対して、半導体電性コンポーネントの有り/無しを高精度に探査・探知、検出、発見、調査することができるため、密かに仕掛けられた3G/GPSロガー(3G/GPS移動軌跡記録装置)を見つけ出すことができます。 ※3G/GPSロガー本体の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた機器があります。
【NLJD-8000H Rev2】超高性能プロフェッショナル・ハンドヘルド・セルフォン・GPS探知器 【NLJD-8000PH】 \228,000- 機器本体先端部から特殊な電波を照射して探査・検出を行いますので電波を透過する対象物(梱包された荷物内の対象物・服内の対象物・壁内の対象物・床内の対象物・天井内の対象物・ソファ内の対象物・ベッド内の対象物・オブジェ内の対象物・ブロック内の対象物・収納ボックス内の対象物・タンス内の対象物・木製品内の対象物・プラスチック製品内の対象物・車内のパネル内の対象物・車内のシート内の対象物・車内の天井内の対象物・車内のフロアカーペット内の対象物・車内のプラスチック内の対象物・車の前後バンパー内の対象物・その他の対象物内)に対して超高精度 に対象物を探査し検出することができる超高性能プロフェッショナル・ハンドヘルド・セルフォン・GPS探知器 Rev.2です。 ※【NLJD-8000PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
【NLJD-401】非線形結合検出器 【NLJD-401PH】 \1,380,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、、こちらから、参照ください。
 【NLJD-400PH】非線形接合検出器 【NLJD-400PH】 \1,680,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-400PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
Q23,密かに隠された電子機器を見つけるには?
answer.23 ■密かに情報を手に入れるために、身体に隠し持つメモリ・SIMカード・ICレーダー・小型カセットテープレコーダー・携帯電話・小型デジタルカメラ・偽装型カメラ・偽装型盗撮器・盗聴器・GPS発信器(GPS追跡装置)・GPSロガー・無線マイク・ブルールゥース機器・Wi-Fi機器・その他の機器など、これらの機器の有無を服の上から高精度に検査することができます。 ■密かに情報を手に入れるために、手荷物又はバッグなどに隠されたメモリ・SIMカード・ICレーダー・小型カセットテープレコーダー・携帯電話・小型デジタルカメラ・偽装型カメラ・盗聴器・偽装型盗撮器・GPS発信器(GPS追跡装置)・GPSロガー・無線マイク・ブルールゥース機器・Wi-Fi機器・その他の機器など、これらの機器の有無を手荷物・バッグの外側から高精度に検査することができます。 ■密かに情報を手に入れるために、室内に隠されたICレーダー・小型カセットテープレコーダー・携帯電話・小型デジタルカメラ・偽装型カメラ・偽装型盗撮器・盗聴器・無線マイク・ブルールゥース機器・Wi-Fi機器・その他の機器など、これらの機器の有無を内部が見えない場所・内部が見えない対象物に対して高精度に検査することができます。 ■密かに情報を手に入れるために、車に隠されたICレーダー・小型カセットテープレコーダー・携帯電話・小型デジタルカメラ・偽装型カメラ・偽装型盗撮器・盗聴器・GPS発信器(GPS追跡装置)・GPSロガー・その他の機器など、これらの機器の有無を内部が見えない場所・内部が見えない対象物に対して高精度に検査することができます。 これらの電子機器には、半導体電性コンポーネントが使用されています。近代的な装置及び機器などには、半導体電性コンポーネントが使用されます。この半導体電性コンポーネントの探査・探知、検出、発見、調査を高精度で行えるNLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)を使用して、密かに隠し持つ電子機器及び密かに隠された電子機器を見つけ出します。 NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)は、電子機器の電源のON/OFF、発信の有り/無し、通信の有り/無しには一切関係がなく、本体内の半導体電性コンポーネントを見つけ出す検出機器です。本体アンテナ送信部から照射部から各周波数の電波を照射して、リピート信号の第2調波、第3調波を受信アンテナで受信し、機器独自のデジタル・アルゴリズムで分析して、半導体電性コンポーネントを検出し、密かに仕掛けられた電子機器を見つけ出します。 また、NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)・(非線形結合点検出機器)の特性から、床、壁、天井、什器、家具、車、バッグ、荷物、手荷物、身体及びレンガ材、ブロック材、コン クリート材など、内部が見えない場所、内部が見えない対象物に対して、半導体電性コンポーネントの有り/無しを高精度に探査・探知、検出、発見、調査することができるため、密かに隠し持つ電子機器及び密かに隠された電子機器を見つけ出すことができます。 ※電子機器本体の探査・探知・検出・発見・調査には、下記の優れた機器があります。
【NLJD-401】非線形結合検出器 【NLJD-401PH】 \1,380,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、、こちらから、参照ください。
 【NLJD-400PH】非線形接合検出器 【NLJD-400PH】 \1,680,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-400PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
Q24,盗聴器が集音する音声を抑制・抑止するには?
answer.24 無線式の盗聴器は、密かに仕掛けられた場所の音声を本体の小型マイクロフォンで収集し音声信号として、電波で送信する音声発信器です。送信された音声信号は盗聴器の電波到達距離内で、広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)・専用受信機によって受信され、音声信号が復調されて音声を盗み聞きすることができます。 密かに仕掛けられた無線式盗聴器は、室内等で発せられた音声振動を小型マイクロフォンのダイヤフラグ(振動版)で受振され音声に変換されます。発せられた音声を正規の音声ではなく、不正規の音声として収集させれば、その不正規の音声が音声信号として電波で送信されることになります。 この不正規の音声を広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)・専用受信機により受信し復調しても、正規の音声ではなく、不正規の音声が復調されるだけで盗み聞きをしても盗聴の意味がなくなります。また、密かに仕掛けられた無線式盗聴器からの盗聴電波を探して傍受する不特定多数の便乗盗聴者についても、便乗盗聴の意味がなくなります。 室内等の正規の音声を無線式盗聴器に集音させないためには、ホワイト・ノイズ・ジェネレーターがあります。ホワイト・ノイズは、FMラジオ番組を選曲する時に出るシャー~~~シャー~~~音、TVの終了後に出るシャー~~~シャー~~~音、に近いノイズ音です。このホワイト・ノイズの特性は、全ての周波数で同じ強度となるノイズであり、簡単にいえば非常に不規則なノイズです。このような特性を持ったホワイト・ノイズを室内等に放射し、音声に干渉させて正規の音声を減少させる効果があります。その他、ホワイト・ノイズの効果は、癒し・リラックス効果、快眠・安眠効果、耳鳴り対策などに使用されています。 ホワイト・ノイズ・ジェネレーターとは別に、録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)があります。発生させる電子合成音ノイズは、人の音声の領域全域に干渉する非常に不規則な電子合成音です。人の音声の領域全域に干渉するため、室内等で発せられた正規の音声は電子合成音ノイズのランダムな放射により、不正規な音声に変換されます。したがって、密かに仕掛けられた無線式盗聴器が集音する音は、電子合成音ノイズによる不正規な音声になります。このような不正規な音声信号の電波を受信し、復調して盗み聞きしても何も得ることができなくなります。 当該場所で交わされる正規の音声が、密かに仕掛けられたこれらの機器によって集音・録音・通信がされても、一定範囲内の音声を抑制・抑止することができる音声抑制機器を使用して、音声を意味のない音声に変換することで、正規の音声情報(内容)を盗み取られないようにすることができます。 ※盗聴器が集音する音声を抑制・抑止するには、下記の優れた機器があります。
【VRJ-992D】小型盗聴器・音声振動受信装置抑制機器 【ARJ-992D】 \348,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、こちらから参照ください。
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器) 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)2 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)3 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)4 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)5 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)6 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)7 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)8 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
Q25,コンクリート・マイクが集音する音声を抑制・抑止するには?
answer.25 コンクリートマイクは、壁・壁面・床面などにピックアップマイクを当てると、ピックアップマイクが室内の音声振動を拾って、元の音に復元する盗聴器です。コンクリートマイクには、ピックアップマイクのケーブルが本体とつながった有線式のタイプとピックアップマイク部に本体が入った無線式のタイプがあります。無線式の場合、復元した音声を音声信号として送信できるため、送信電波の到達距離の範囲内で、その音声信号を盗聴することができます。 有線式のコンクリートマイクの場合、本体に録音機(ICレコーダ・小型カセットテープレコーダー等)を接続すれば、長時間盗聴録音ができ、無線式のコンクリートマイクの場合には、送信電波の到達距離の範囲内にある受信機に録音機(ICレコーダ・小型カセットテープレコーダー等)を接続すれば、長時間盗聴録音ができます。 コンクリートマイクで盗聴できる範囲は、隣室上下階の部屋など盗聴できる範囲が限定されます。また、コンクリートマイクを当てる壁の材質や壁の厚みなどによって、音の聞こえ方が違ってくるので、クリアな音で盗聴できるとは限りませんが、ピックアップマイクを当てる壁の材質や壁の厚みよって、音声振動に対する復元処理を数段階で設定できるタイプがあります。 密かに壁・壁面・床面などに当てられたコンクリートマイクは、室内等で発せられた音声振動をピックアップマイクが拾い、音声に変換されます。発せられた音声を正規の音声振動ではなく、不正規の音声振動として収集させれば、不正規な音声として復元されます。無線式のタイプの場合には、不正規の音声が音声信号として電波で送信されることになります。 この不正規の音声を盗み聞きしても盗聴の意味がなくなります。無線式のタイプの場合には、広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)・専用受信機を使用して音声信号を受信しても、正規の音声ではなく、不正規の音声が復調されるだけで盗み聞きしても盗聴の意味がなくなります。また、密かに仕掛けられた無線式盗聴器からの盗聴電波を探して傍受する不特定多数の便乗盗聴者についても、便乗盗聴の意味がなくなります。 室内等の正規の音声をコンクリートマイクに集音させないためには、ホワイト・ノイズ・ジェネレーターがあります。ホワイト・ノイズは、FMラジオ番組を選曲する時に出るシャー~~~シャー~~~音、TVの終了後に出るシャー~~~シャー~~~音、に近いノイズ音です。このホワイト・ノイズの特性は、全ての周波数で同じ強度となるノイズであり、簡単にいえば非常に不規則なノイズです。このような特性を持ったホワイト・ノイズを室内等に放射し、音声に干渉させて正規の音声を減少させる効果があります。その他、ホワイト・ノイズの効果は、癒し・リラックス効果、快眠・安眠効果、耳鳴り対策などに使用されています。 ホワイト・ノイズ・ジェネレーターとは別に、録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)があります。発生させる電子合成音ノイズは、人の音声の領域全域に干渉する非常に不規則な電子合成音です。人の音声の領域全域に干渉するため、室内等で発せられた正規の音声は電子合成音ノイズのランダムな放射により、不正規な音声に変換されます。したがって、密かに当てられたコンクリートマイクが集音する音は、電子合成音ノイズによる不正規な音声になります。このような不正規な音声を盗み聞きしても何も得ることができなくなります。 当該場所で交わされる正規の音声が、密かに当てられたコンクリートマイクによって集音・録音・送信がされても、一定範囲内の音声を抑制・抑止することができる音声抑制機器を使用して、音声を意味のない音声に変換することで、正規の音声情報(内容)を盗み取られないようにすることができます。 ※コンクリートマイクが集音する音声を抑制・抑止するには、下記の優れた機器があります。
【VRJ-992D】小型盗聴器・音声振動受信装置抑制機器 【ARJ-992D】 \348,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、こちらから参照ください。
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器) 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)2 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)3 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)4 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)5 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)6 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)7 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)8 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
Q26,ガン・マイクが集音する音声を抑制・抑止するには?
answer.26 一般的なマイクは無指向性のマイクで全方向の音を集音しますが、ガンマイク(高指向性マイク)は一定方向の音だけを集音する特徴があります。この特徴を利用し、密かに目的の音声を収集するため、離れた場所から対象者に向けられたガンマイクは、対象者の会話(音声)を集音(盗聴)し、ICレコーダーなどに録音することが可能です。 ガンマイク(高指向性マイク)に音声を収集させないためには、ガンマイク(高指向性マイク)が集音する音声を正規の音声ではなく、不正規の音声として収集させれば、この不正規の音声を盗み聞きしても盗聴の意味がなくなり、音声情報が盗まれることはありません。 正規の音声をガンマイク(高指向性マイク)に集音させないためには、ホワイト・ノイズ・ジェネレーターがあります。ホワイト・ノイズは、FMラジオ番組を選曲する時に出るシャー~~~シャー~~~音、TVの終了後に出るシャー~~~シャー~~~音、に近いノイズ音です。このホワイト・ノイズの特性は、全ての周波数で同じ強度となるノイズであり、簡単にいえば非常に不規則なノイズです。このような特性を持ったホワイト・ノイズを放射し、音声に干渉させて正規の音声を減少させる効果があります。その他、ホワイト・ノイズの効果は、癒し・リラックス効果、快眠・安眠効果、耳鳴り対策などに使用されています。 ホワイト・ノイズ・ジェネレーターとは別に、録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)があります。発生させる電子合成音ノイズは、人の音声の領域全域に干渉する非常に不規則な電子合成音です。人の音声の領域全域に干渉するため、正規の音声は電子合成音ノイズのランダムな放射により、不正規な音声に変換されます。したがって、密かに向けられたガンマイク(高指向性マイク)が集音する音は、電子合成音ノイズによる不正規な音声になります。このような不正規な音声を盗み聞きしても何も得ることができなくなります。 当該場所で交わされる正規の音声が、密かに向けられたガンマイク(高指向性マイク)によって集音され録音がされても、一定範囲内の音声を抑制・抑止することができる音声抑制機器を使用して、音声を意味のない音声に変換することで、正規の音声情報(内容)を盗み取られないようにすることができます。 ※ガンマイク(高指向性マイク)が集音する音声を抑制・抑止するには、下記の優れた機器があります。
【VRJ-992D】小型盗聴器・音声振動受信装置抑制機器 【ARJ-992D】 \348,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、こちらから参照ください。
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器) 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)2 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)3 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
Q27,レーザー盗聴器が集音する音声を抑制・抑止するには?
answer.27 レーザー盗聴器は、目的である場所の窓ガラス及び壁などにレーザー光線を発射し、音の振動をレーザー光線にのせ、反射されるレーザー光線を受光して、元の音に復元する高度な盗聴器です。レーザー式盗聴器は、数百万円から数千万円の高価な精密機器であるため、一般の盗聴には使用されません。また、レーザー式盗聴器を操作するには専門知識と技術が必要です。ただし、簡易的なレーザー式盗聴ならば電気及び機械の知識と技術があれば、盗聴に使用できるレーザー式盗聴器を低価格で製作することが可能です。 密かに窓ガラス及び壁などに当てられたレーザー光線は、室内等で発せられた音声振動をレーザー光線にのせ、反射されるレーザー光線を受光して、元の音声に復元されます。発せられた音声を正規の音声振動ではなく、不正規の音声振動としてレーザー光線にのせれば、不正規な音声として復元されます。この不正規の音声を盗み聞きしても盗聴の意味がなくなります。 室内等の正規の音声をレーザー盗聴器によって盗聴されないためには、ホワイト・ノイズ・ジェネレーターがあります。ホワイト・ノイズは、FMラジオ番組を選曲する時に出るシャー~~~シャー~~~音、TVの終了後に出るシャー~~~シャー~~~音、に近いノイズ音です。このホワイト・ノイズの特性は、全ての周波数で同じ強度となるノイズであり、簡単にいえば非常に不規則なノイズです。このような特性を持ったホワイト・ノイズを室内等に放射し、音声に干渉させて正規の音声を減少させる効果があります。その他、ホワイト・ノイズの効果は、癒し・リラックス効果、快眠・安眠効果、耳鳴り対策などに使用されています。 ホワイト・ノイズ・ジェネレーターとは別に、録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)があります。発生させる電子合成音ノイズは、人の音声の領域全域に干渉する非常に不規則な電子合成音です。人の音声の領域全域に干渉するため、室内等で発せられた正規の音声は電子合成音ノイズのランダムな放射により、不正規な音声に変換されます。したがって、密かに当てられたレーザー光線に不正規な音声をのせれば、復元される音声は電子合成音ノイズによる不正規な音声になります。このような不正規な音声を盗み聞きしても何も得ることができなくなります。 当該場所で交わされる正規の音声が、密かに当てられたレーザー光線にのせられても、一定範囲内の音声を抑制・抑止することができる音声抑制機器を使用して、音声を意味のない音声に変換することで、正規の音声情報(内容)を盗み取られないようにすることができます。 ※レーザー盗聴器が盗聴する音声を抑制・抑止するには、下記の優れた機器があります。
【VRJ-992D】小型盗聴器・音声振動受信装置抑制機器 【ARJ-992D】 \348,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、こちらから参照ください。
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器) 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)2 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)3 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)4 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)5 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)6 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)7 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)8 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
Q28,ICレコーダーの録音を抑制・抑止するには?
answer.28 ICレコーダー(デジタル式小型録音装置)は、本体内部のメモリ又は外部メモリに音声をデジタル録音ができ、小型にできているため密かに隠し持つにはたいへん便利な録音機器です。また、本体メモリ又は外部メモリの容量が大きいため長時間の音声録音ができます。機能面については、ステレオ録音・無指向性マイクと指向性マイクの切り替えが録音できる機能・予約録音ができる機能など録音を行う場所・状態に応じて最適な音声録音が行えます。 このICレコーダーを密かに隠し込んで重要な機密情報・利益な情報を手に入れようとしている者に対して、相手に気づかれることなく、これらの録音機器の録音機能を抑制して機密情報の漏えいを防止、不利益な情報の搾取を防止することができます。情報の漏えいを防止、不利益な情報の搾取を防止するためには、録音機器の録音機能を抑制する録音装置抑制機器があります。 録音装置抑制機器 重要な機密情報、不利益な情報を手に入れようとしている者がその機密情報を録音するために密かに隠し持っているICレコーダー・カセットテープレコーダーによる録音を抑制することができます。録音装置抑制機器から無音で放射される電子ノイズの干渉によって、録音装置のマイクロホンダイヤフラグ(振動版)・レコーダーの自動利得制御(AGC)等に影響を与えることにより音声録音を抑制します。 電子ノイズの干渉範囲は、通常の対面距離内、横並び距離内で密かに隠し持っている録音機器(ICレコーダー・カセットテープレコーダー)を抑制し音声の記録を阻止します。対面距離内を超えた距離、横並び距離内を超えた距離にある録音機器(ICレコーダー・カセットテープレコーダー)を抑制することはできません。録音抑制機器は、対面での話し合いに、横並びでの話し合いに、相手に気づかれずに、音声の録音を抑制します。 録音装置抑制機器の姿は、ノートパソコン型、ポータブル・ハードディスク型があります。 ノートパソコン型は、専用のケースに入れた状態ではケースに入ったノートパソコンに見えます。ケースから出した状態では、会社内のディスクの上に置いてある内線電話に見えます。このような姿からは誰も録音装置抑制機器とは分かりません。録音機器を密かに隠し込んで重要な機密情報・利益な情報を手に入れようとしている人物に対して、相手に気づかれることなく、音声の録音を抑制します。 ポータブル・ハードディスク型は、ケースに入れた状態ではケースに入ったポータブル・ハードディスクに見えます。ケースから出した状態では、机の上に置いてある小型スピーカーのように見えます。このような姿からは誰も録音装置抑制機器とは分かりません。録音機器を密かに隠し込んで重要な機密情報・利益な情報を手に入れようとしている人物に対して、相手に気づかれることなく、音声の録音を抑制します。 ※ICレコーダーの録音を抑制・抑止するには、下記の優れた機器があります。
【VRJ-991D】情報漏えい・監視・防衛・調査機器 【VRJ-992D】 \348,000- VRJ-991Dは機密情報を手に入れようとしている者がその機密情報を録音するために密かに隠し持っているICレコーダー(デジタル式録音装置)及びカセットテープレコーダー等の録音機能を抑制・抑止する唯一の録音装置抑制機器です。本体側面の放射部から放射される電子ノイズ(無音)の干渉によりICレコーダー(デジタル式録音装置)及びカセットテープレコーダー等の録音装置を抑制・抑止します。本体の左側側面部から無音で放射される電子ノイズは、録音装置のマイクロホンダイヤフラグ(振動版)・レコーダーの自動利得制御(AGC)等に影響を与えることによって、録音を抑制・抑止します。 ※【ARJ-991D】の詳細は、こちらから参照ください。
【VRJ-992D】小型盗聴器・音声振動受信装置抑制機器 【VRJ-992D】 \348,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、こちらから参照ください。
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器) 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)2 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)3 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)4 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)5 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)6 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)7 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)8 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
Q29,携帯電話の録音を抑制・抑止するには?
answer.29 携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHSなどの通信端末は、本体内部の音声録音デバイスにより本体内部のメモリ又は外部メモリに音声をデジタル録音ができます。端末本体が薄くできているため密かに隠し持つにはたいへん便利な録音機器です。また、本体メモリ又は外部メモリの容量が大きいため長時間の音声録音ができます。 携帯電話端末を密かに隠し込んで重要な機密情報・利益な情報を手に入れようとしている者に対して、相手に気づかれることなく、これらの録音機器の録音機能を抑制して機密情報の漏えいを防止、不利益な情報の搾取を防止することができます。情報の漏えいを防止、不利益な情報の搾取を防止するためには、録音機器の録音機能を抑制する録音装置抑制機器があります。 録音装置抑制機器 重要な機密情報、不利益な情報を手に入れようとしている者がその機密情報を録音するために密かに隠し持っている携帯電話端末による音声録音を抑制することができます。録音装置抑制機器から無音で放射される電子ノイズの干渉によって、録音装置のマイクロホンダイヤフラグ(振動版)・レコーダーの自動利得制御(AGC)等に影響を与えることにより音声録音を抑制します。 電子ノイズの干渉範囲は、通常の対面距離内、横並び距離内で密かに隠し持っている携帯電話端末を抑制し音声の記録を阻止します。対面距離内を超えた距離、横並び距離内を超えた距離にある携帯電話端末の録音機能を抑制することはできません。録音抑制機器は、対面での話し合いに、横並びでの話し合いに、相手に気づかれずに、音声の録音を抑制します。 録音装置抑制機器の姿は、ノートパソコン型、ポータブル・ハードディスク型があります。 ノートパソコン型は、専用のケースに入れた状態ではケースに入ったノートパソコンに見えます。ケースから出した状態では、会社内のディスクの上に置いてある内線電話に見えます。このような姿からは誰も録音装置抑制機器とは分かりません。録音機器を密かに隠し込んで重要な機密情報・利益な情報を手に入れようとしている人物に対して、相手に気づかれることなく、音声の録音を抑制します。 ポータブル・ハードディスク型は、ケースに入れた状態ではケースに入ったポータブル・ハードディスクに見えます。ケースから出した状態では、机の上に置いてある小型スピーカーのように見えます。このような姿からは誰も録音装置抑制機器とは分かりません。録音機器を密かに隠し込んで重要な機密情報・利益な情報を手に入れようとしている人物に対して、相手に気づかれることなく、音声の録音を抑制します。 ※携帯電話の録音を抑制・抑止するには、下記の優れた機器があります。
【VRJ-991D】情報漏えい・監視・防衛・調査機器 【VRJ-992D】 \348,000- VRJ-991Dは機密情報を手に入れようとしている者がその機密情報を録音するために密かに隠し持っているICレコーダー(デジタル式録音装置)及びカセットテープレコーダー等の録音機能を抑制・抑止する唯一の録音装置抑制機器です。本体側面の放射部から放射される電子ノイズ(無音)の干渉によりICレコーダー(デジタル式録音装置)及びカセットテープレコーダー等の録音装置を抑制・抑止します。本体の左側側面部から無音で放射される電子ノイズは、録音装置のマイクロホンダイヤフラグ(振動版)・レコーダーの自動利得制御(AGC)等に影響を与えることによって、録音を抑制・抑止します。 ※【ARJ-991D】の詳細は、こちらから参照ください。
【VRJ-992D】小型盗聴器・音声振動受信装置抑制機器 【VRJ-992D】 \348,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、こちらから参照ください。
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器) 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)2 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)3 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)4 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)5 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)6 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)7 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)8 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
Q30,カセットテープレコーダーが録音する音声を抑制・抑止するには?
answer.30 カセットテープレコーダーは、記録用のカセットテープを装着しなければならないため、本体サイズがどうしても大きくなります。マイクロカセットテープを使用した機種もあり本体サイズが小さくできているため、隠し持つには最適なカセットテープレコーダーです。また、録音時間が使用するカセットテープの容量に限られてしまうため、長時間の音声録音を行うためには新たなカセットを入れ替えなければなりませんが、2~3時間の音声録音は可能です。 このカセットテープレコーダーを密かに隠し込んで重要な機密情報・利益な情報を手に入れようとしている者に対して、相手に気づかれることなく、これらの録音機器の録音機能を抑制して機密情報の漏えいを防止、不利益な情報の搾取を防止することができます。情報の漏えいを防止、不利益な情報の搾取を防止するためには、録音機器の録音機能を抑制する録音装置抑制機器があります。 録音装置抑制機器 重要な機密情報、不利益な情報を手に入れようとしている者がその機密情報を録音するために密かに隠し持っているIC レコーダー・カセットテープレコーダーによる録音を抑制することができます。録音装置抑制機器から無音で放射され る電子ノイズの干渉によって、録音装置のマイクロホンダイヤフラグ(振動版)・レコーダーの自動利得制御(AGC)等に影響を与えることにより音声録音を抑制します。 電子ノイズの干渉範囲は、通常の対面距離内、横並び距離内で密かに隠し持っている録音機器(ICレコーダー・カセッ トテープレコーダー)を抑制し音声の記録を阻止します。対面距離内を超えた距離、横並び距離内を超えた距離にある 録音機器(ICレコーダー・カセットテープレコーダー)を抑制することはできません。録音抑制機器は、対面での話し 合いに、横並びでの話し合いに、相手に気づかれずに、音声の録音を抑制します。 録音装置抑制機器の姿は、ノートパソコン型、ポータブル・ハードディスク型があります。 ノートパソコン型は、専用のケースに入れた状態ではケースに入ったノートパソコンに見えます。ケースから出した状態では、会社内のディスクの上に置いてある内線電話に見えます。このような姿からは誰も録音装置抑制機器とは分かりません。録音機器を密かに隠し込んで重要な機密情報・利益な情報を手に入れようとしている人物に対して、相手に気づかれることなく、音声の録音を抑制します。 ポータブル・ハードディスク型は、ケースに入れた状態ではケースに入ったポータブル・ハードディスクに見えます。ケースから出した状態では、机の上に置いてある小型スピーカーのように見えます。このような姿からは誰も録音装置抑制機器とは分かりません。録音機器を密かに隠し込んで重要な機密情報・利益な情報を手に入れようとしている人物に対して、相手に気づかれることなく、音声の録音を抑制します。 ※カセットテープレコーダーの録音を抑制・抑止するには、下記の優れた機器があります。
【VRJ-991D】情報漏えい・監視・防衛・調査機器 【VRJ-992D】 \348,000- VRJ-991Dは機密情報を手に入れようとしている者がその機密情報を録音するために密かに隠し持っているICレコーダー(デジタル式録音装置)及びカセットテープレコーダー等の録音機能を抑制・抑止する唯一の録音装置抑制機器です。本体側面の放射部から放射される電子ノイズ(無音)の干渉によりICレコーダー(デジタル式録音装置)及びカセットテープレコーダー等の録音装置を抑制・抑止します。本体の左側側面部から無音で放射される電子ノイズは、録音装置のマイクロホンダイヤフラグ(振動版)・レコーダーの自動利得制御(AGC)等に影響を与えることによって、録音を抑制・抑止します。 ※【ARJ-991D】の詳細は、こちらから参照ください。
【VRJ-992D】小型盗聴器・音声振動受信装置抑制機器 【VRJ-992D】 \348,000- アンテナ送信部から放射されたシグナル・レーザーが電子装置(半導体電性デバイス)に遭遇すると、シグナル・レーザーは調波周波数レベルでリピートされます。このリピートされる調波周波数レベルは2倍調波、そして3倍調波としてリピートされます。NLJD(非線形接合検出器)は、リピートされるシグナルの2倍調波、そして3倍調波の調和的なレベルをモニターして、非線形接合点であるか、非線形接合点ではないか、を機器独自のデジタル信号処理アルゴリズムで分析し、結果をリアルタイムにディスプレーに表示する機器です。使用場所、使用環境、ターゲットとなる電子デバイスにより、シグナル・レーザーの出力(2W・4W・6W・8W・10W)の違いなどを含め、さまざまなタイプのNLJD(非線形接合検出器)があります。 ※【NLJD-401PH】の詳細は、こちらから参照ください。
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器) 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)2 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)3 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)4 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)5 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)6 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)7 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)8 【ARJ-99*D】 \***,000- 導入予定の音声抑制機器・録音装置抑制機器(音声領域電子合成音発生器)
Q31,ハイテク・カンニングの仕組みとは?
answer.31 ハイテク・カンニング 従来の古典式カンニング方式とは別次元のハイテク・カンニングが発覚しました。通信端末、超小型無線イヤホン、小型マイクなどを使用し、携帯電話ネットワークシステムを悪用した秘匿性が高いハイテク・カンニング方式です。このハイテク・カンニングシステムを悪用すれば、リアルタイムに外部の協力者と会話ができます。また、この場合音声だけの通信であったが、使用する通信端末を選定すれば試験問題の映像と会話をリアルタイムに実行することが可能になります。国内、海外との通信ができ、協力者から回答を教えてもらうことが可能になります。
ハイテクカンニング 【運転免許カンニング事件1】 2012年6月、警視庁組織犯罪対策1課や栃木県警は、道交法違反(運転免許不正取得)容疑で、運転免許試験中にハイテク・カンニングを行った容疑者と共犯者が逮捕されました。従来行われていたカンニング方法とは異なり、無線イヤホン・携帯電話端末(スマートフォン含む)を利用したハイテク化したカンニングが行われました。

-ハイテク・カンニングの手口-

受験する側は、携帯電話(スマートフォン含む)を共犯者との間で通話状態にしたまま試験に臨み、一方の共犯者は試験会場から約80キロ離れた栃木県足利市にあるマンション室内にいて、事前に入手した問題の冒頭部分を次々と中国語で読み上げます。受験する側は、その声を耳に仕込んだ無線イヤホンで聞き、該当する問題があると、せき払いをすします。その音は小型マイクを通じて共犯者に伝わり、後は共犯者が次々と、解答を伝える手口で行われました。 容疑者を調べた結果、男性は両耳の鼓膜には直径数ミリの無線イヤホンを貼り付け、首には小型マイクを取り付けたストラップをぶら下げ、電源が入ったままの携帯電話を上着の内ポケットに入れて持ち込み、小型マイクと配線でつながれていました。カンニングを強く疑わせる電子機器の数々、捜査員は建造物侵入の現行犯として、男性が逮捕されました。 中国人グループが携帯電話と小型イヤホンを使って自動車運転免許試験をカンニングしていた事件を受け、警視庁は今月22日から、江東、鮫洲、府中の各運転免許試験場に金属探知機を配置して、不審な行動をとっている受験者にボディーチェックを行い、イヤホンやマイクなどを持ち込んでいないかの確認を行った。 従来のカンニング方法とはまったく異なるカンニングが発覚したことによって、ハイテク・カンニングの方法が解明されましたが、このようなハイテク・カンニング方法は、運転免許試験に限らずさまざまな試験会場で使用することができてしまいます。 このようなハイテク・カンニングを阻止するために、監視員の人的努力で今まで以上に監視強化は行なわれます。しかし、少なからず阻止効果はあると思いますが、完全にハイテク・カンニングを阻止することはできません。
マスク型ハイテクカンニング機器 -ハイテク・カンニング事件で使用された方法は- ●無線イヤホンと携帯電話端末間のBluetooth通信(ブルートゥース) ●隠しマイクと接続された隠しこんだ携帯電話端末 ●隠しこんだ携帯電話と外部共犯者間の携帯電話網の通信を使用してカンニングを行う。携帯電話端末は、身につけており、2400MHz帯Bluetooth通信(ブルートゥース)と携帯電話ネットワーク通信を使用する。

-ハイテク・カンニングの対策-

今回の逮捕により判明したカンニング方法は、Bluetooth通信(ブルートゥース)・無線イヤホン、小型マイク・携帯電話(スマートフォン含む)を複合的に使用したものです。このようなハイテク・カンニング方法を防止する対策は、Bluetooth通信(ブルートゥース)・携帯電話(スマートフォン含む)の通信電波を抑止又は検出することで阻止することができます。 また、携帯電話を使ったカンニングでは昨年2月、京都大学などを受験した予備校生が、ネット掲示板に問題を送信。第3者に掲示板に解答を書き込ませ、試験会場で見ながら解答していたとして、偽計業務妨害容疑で逮捕された事件がありましたが、この場合に取られた方法は、3G通信(携帯電話電話網)行いインターネットに接続した方法です。 これらのBluetooth通信(ブルートゥース)・携帯電話(スマートフォン含む)等の通信電波を抑止するために使用される電波抑止装置は、一般的に電波抑止装置(携帯電話ジャマー機器・Wi-Fiジャマー機器)と呼ばれ、対象となる電波(周波数)を抑止する機器です。 ※電波抑止装置(携帯電話ジャマー機器・Wi-Fiジャマー機器)は電波法の規制があります。無線局を設置、運用するには申請及び許認可が必要にあります。勝手に無線局を設置、運用した場合には電波法による罰則等が適応されます。

【ハイテク・カンニングに使用された同様のツール】

無線イヤホン、ループアンテナ、マイク、Bluetooth通信機器、携帯電話これらのツールで簡単にハイテク・カンニングが行なわれました。特別な技術が必要ではなく誰でもが簡単にハイテク・カンニングができてしまいます。 無線イヤホン、ループアンテナ、マイク、Bluetooth通信機器、携帯電話端末を服装の下に隠し、無線イヤホンを耳の奥に貼り付け、携帯電話とBluetooth通信機器を通信状態にし、外部のカンニング協力者の携帯電話と通話状態にすれば、誰にも分からず外部の協力者から試験情報を得ることができてしまいます。

【運転免許カンニング事件2】

”磁石が耳から取れずに発覚”

ハイテクカンニング機器 中国人グループによる運転免許試験のカンニング事件で、警視庁などの合同捜査本部は3日、千葉市美浜区、中国籍の主婦、A容疑者(27)ら女2人を詐欺容疑で新たに逮捕したと発表しました。逮捕は今月1日、カンニングに使った小型磁石が耳から取れなくなり、発覚したという。 発表によると、A容疑者は今年4月、栃木県足利市の足利自動車教習所で、米粒大の小型磁石を耳の中に貼り付け、携帯電話と送信機を使い、試験会場の外にいた主犯格の中国人の男(37)(道交法違反で起訴)から正答を聞きながら仮免許の学科試験を受験した。試験後、小型磁石が耳の中から取れなくなったため、一緒に受験した中国籍の女(26)の健康保険証を借りて市内の病院を受診し、診療報酬5640円などをだまし取った疑い。

【大学入試カンニング事件】

”組織的に行われた不正受験”

韓国では2004年に日本のセンター試験に当たる大学入試で、何人かの優秀な受験生が解答を試験会場の外にいる人物に一斉にメールし、答え合わせしたうえで試験会場の受験生に配信していた。組織的な大がかりな不正受験で、300人以上が摘発され懲役刑を科せられた者もいた。 翌年から携帯電話の試験会場への持ち込み禁止、入口でのボディーチェック、監督官に金属探知機を持たせるなどの対応をし、違反した受験生には「受験資格1年間停止」の処分が待っているという。

-米粒イヤホンと学校側の防衛対策-

中国では学生のカンニングと学校側の防衛対策のいたちごっこが毎年、毎年繰り広げられます。まさしく受験シーズンともなれば、中国版twitterの「微博(ウェイボー)」には「カンニングをしている人間ばかりだった」「カンニングをした」といったコメントが数多く書き込まれます。また、どのような方法でカンニングしたのか、どのような防衛対策が採られているかがしばしばニュースで報道されます。 ニュースでよく見るのは、極小のワイヤレスイヤホンを通じてカンニング支援業者から解答を聞くという手法です。カンニングに使われるツールは毎年進化しており、現在では「米粒耳机」と呼ばれ、米粒のように小さいイヤホンが販売されています。米粒イヤホン、大きさは3×3mm、重さは0.12g、200~300元程度で売られている無線イヤホン、ループアンテナ小型マイク、無線機をシステム化したカンニング機器です。通信方法がローテクであるため、かえって秘匿性が高くなる可能性がある。 米粒イヤホンが小さ過ぎるため装着の不備、何らかの原因で取り出せなくなり、試験後に耳鼻科に通う学生もいます。 もちろんワイヤレスイヤホンのことは学校側も十分認知しており、一部の学校では電波からイヤホンの場所を突き止める電波検出器を試験官に持たせている所もあります。 また、警察は、米粒イヤホンを輸入している業者を調査し、空港に降り立ったところで逮捕する水際作戦を展開しています。試験会場内で試験管にハイテク・カンニング電波検出器を持たせ、ハイテク・カンニングの通信を監視する対策を行っています。しかし、カンニングツール機器のメーカー側は即座に電波検出器から回避する対策用の新製品を開発し販売するため、メーカー側と学校側の防衛対策のいたちごっこが毎年繰り返されます。 カンニング対策として妨害電波を出す機械が一部の場所で使用されています。一般的にジャマー(jammer)と呼ばれる機器で、発信電波・通信電波に対応する妨害電波を出して通信を行わせない機器です。日本では、ほとんどハイテク・カンニングの具体的な内容については報じられないので日本は無縁のように感じてしまいますが、例えば世界中で行われている「日本語能力検定試験」においてもハイテク・カンニングが行われている可能性が十分にあります。すでにカンニングに使用する各種ツールが、日本に持ち込まれ使用された事件が発生しています。

【ハイテク化する各種カンニングツール】

「米粒耳机」は音声で解答を聞くことができるツールですが、カンニング業者からの解答をメッセージで受信する装置も存在します。それらのツールは定規、消しゴム、ペンなどの文具に似せた擬装型や学生カードに似せた擬装型、その他の物に似せた擬装型があり、実にそっくりで、本物と変わらないほど精巧に作られています。
定規型ハイテクカンニング機器 キャラクター物の安物定規に見えるが、 よく見るとメッセージを受信して表示できる定規型のハイテク機器.
カンニングボールペン・Bluetooth通信機器とイヤホン ペンに見えるが、 よく見るとメッセージ受信して表示できるペン型のハイテク受信機. 500元(6000円強)
消しゴム・文具型ハイテクカンニング機器 消しゴムに見えるが、 カバーを取るとメッセージ受信して表示できる消しゴム型のハイテク受信機. 500元(6000円強)
眼鏡型のBluetooth通信機器と無線イヤホン また、眼鏡に映っている問題を画像として発信し、それを受信した側がその問題を解いて解答を再び眼鏡に送信することができる<超ハイテク・カンニング眼鏡>も販売されている。
腕時計型ハイテクカンニング機器 普通の腕時計に見えるが、よく見ると透明盤の分部にメッセージ受信して表示できるディスプレーになっている腕時計型のハイテク受信機.500元(6000円強)

■ハイテク・カンニングの基本的なシステム機器

無線イヤホン、ループアンテナ小型マイク、携帯電話端末と有線で接続して通信を行えるカンニング機器。

■ボールペン型のBluetooth通信機器と無線イヤホン

ループアンテナ小型マイク、携帯電話端末との有線接続が必要なく通信が行える ペン型ブルートゥース通信機器を使用するハイテク・カンニング機器

■腕時計型のBluetooth通信機器と無線イヤホン

ループアンテナ小型マイク、携帯電話端末との有線接続が必要なく通信が行える 腕時計型ブルートゥース通信機器を使用するハイテク・カンニング機器

■眼鏡型のBluetooth通信機器と無線イヤホン

ループアンテナ小型マイク、携帯電話端末との有線接続が必要なく通信が行える 眼鏡型ブルートゥース通信機器を使用するハイテク・カンニング機器

■アナログ無線を使用したサイフ型カンニング機器

無線イヤホン、サイフ型ループアンテナ小型マイク、無線機をシステム化したカンニング機器.通信方法がローテクであるため、かえって秘匿性が高くなる可能性がある。

【カンニングツールと仕込み方】

カンニングツール カンニングツールを身にまとって自動車運転免許の学科試験に臨んだが、カンニングツールが発覚し、試験開始前に退場を命じられた受験者のカンニングツールの仕込み方とカンニング機器です。男性の体中に装着されたカンニングツールは、ワイヤレスイヤホン、ループ小型無線線マイク、受信機、発信器、小型カメラ、専用電池で構成されていた。すべてのカンニングツール合計金額は1900元であった。
これらのカンニングツールの入手は、ネット通販で入手できるのだが、定番ショッピングサイトの淘宝網(TAOBAO)では、これらの商品の出品データは削除されているようです。入手の手段はメーカーの直販サイトしかないようです。このようなハイテク・カンニングツールは、各種試験のカンニングに利用されるばかりではなく、産業スパイの用途で利用される可能性もあると思われます。

【カンニングが行われる超学歴社会】

中国の大学入試統一試験「高考(ガオカオ)」が毎年、各地で実施されます。超学歴社会の中国では、高考は「人生を決める試験」で、学歴により今後の人生が決定する最も重要な試験である。より良い人生を手っ取り早く勝ち取ろうとカンニングが横行し、手口は年々巧妙化している。一部の地方政府は、入試会場への私物持ち込みを完全に禁じるなど、不正受験への攻防が激化している。 耳に潜ませる無線イヤホンや、メール受信機能を潜ませた消しゴム、定規、ボールペン、腕時計など、中国のカンニング機器販売業者のホームページには、さまざまな最新機種が写真で紹介されている。毎年公安当局から拘束される販売業者も出て、各地で不正発覚による受験生の失格も出ている。 携帯電話などの通信機器が普及する以前の高考では、カンニングペーパーを試験官に見つけられるケースが頻発し、替え玉受験も横行した。カンニングツールの巧妙化、ハイテク化が進んだきっかけは、ポケベルが原因である。1990年代半ば、 ポケベルを使って外部とやりとりするカンニングが多発した。次に携帯電話が普及すると、メールを使った手口が横行し始めた。 現在、ほとんどの会場では、高性能の金属探知機が導入され、監視カメラが受験生の手元を入念にチェックしているが、ボールペン型ならば金属探知機で引っ掛かっても、試験で使うと言って持ち込めるようだ。また、同じ機能の消しゴム型もある。ボールペン型は、先端部分で文字をスキャンすることができ、 そのまま試験問題をメール送信できる。試験問題を外部協力者に送り解いて返信すると、受信メールはペンの握り部分に表示される。価格は送信機とセットで四千元(約五万円)。 各地方政府も、外部からの電波を遮断する装置(ジャマー機器)を会場に設置するなど対応策を強化しているが、電波遮断器の影響を受けない新たなカンニングツールが次々に開発される。湖北省は私物の持ち込みを完全に禁止し、受験生の鉛筆や消しゴムも主催者側が用意するなどの対抗処置を打ち出した。中国初の措置といい、カンニングの完全排除に乗り出した。 全国の公安当局も、会場周辺で不正な 電波が発信されていないか、体制を強化してハイテク・カンニングの監視を実施する中国・江蘇省教育部は2012年の全国大学統一入試の不正防止について記者会見を開いた。同省1万6000カ所の試験会場は、2012年の受験者約47万4000人の受け入れ準備について、すでにソフト・ハード共に万全の態勢を整えたという。 2012年6月4日、中国・江蘇省教育部は2012年の全国大学統一入試の不正防止について記者会見を開いた。中国では近年、学生たちによるカンニングが横行し、携帯電話はもちろんのこと、ペンや消しゴム、腕時計などに小型の無線通信機を仕込み、カンニングする手口が明らかになっている。関係機関も不正防止を強化しているが、不正は年々巧妙になっており、根絶にはまだ至っていない。 そこで江蘇省の教育部は、今年から試験会場に不正防止設備を標準装備し、受験者の腕時計持ち込みを一切禁止すると会見で発表した。試験会場には、監視カメラやインターネット上での不正管理・防止システムが備え付けられている。また、同省1万6000カ所の試験会場は、2012年の受験者約47万4000人の受け入れ準備について、すでにソフト・ハード共に万全の態勢を整えたという。 超学歴社会の中国では、学歴により今後の人生が決定してしまう以上、より良い人生を手っ取り早く勝ち取ろうと、さまざまな方法でハイテク・カンニングが横行し、カンニング機器販売業者と教育部(学校側)のいたちごっこが繰り広げられる社会状況になっています。日本国内でもハイテク・カンニング事件が発覚し問題となりました。すでにハイテク・カンニングは海外の事ではない社会状況になっています。 カンニング方法の手口は毎年進化し巧妙化し、新たなハイテク・カンニング方法が開発されています。ハイテク・カンニングが行なわれていることは、カンニング機器の発見、カンニング方法が発覚されなければ、カンニングしていることにまったく気づきようがありません。そして何らかの理由で発見されなければ、ハイテク・カンニングが行なわれてしまいます。 ※ハイテク・カンニングの探査・探知・検出・発見・調査機器については、当ホームページの【GPS発信器・盗聴器・盗撮器・調査機器(digital)】【電子デバイス・特殊調査機器】を参照ください。 ※NLJD(ノン・リニア・ジャンクション・ディテクター)については、当ホームページの【電子デバイス・特殊調査機器】を参照ください。
Q32,携帯電話の不正使用を監視するには?
answer.32 ●携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHSなどの端末による情報漏えいのリスク
不正な通信による機密情報の漏えい
  • 1・重要会議中の端末使用による不正な通信(機密情報の漏えい)
  • 2・重要ミーティング中の端末使用による不正な通信(機密情報の漏えい)
  • 3・総会中の端末使用による不正な通信(機密情報の漏えい)
  • 4・その他の不正な通信による機密情報の漏えい
密かに情報を手に入れようとしている者が、これらの場所で携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHSなどの端末を使用して密かに不正な通信を行い、重要な機密情報・不利益な情報を入手することが可能です。また、これらの端末が密かに通信を開始しても気付きようがありません。これらの端末の通信はデジタル通信で行われます。詳しくは、Q15 携帯電話端末のデジタル通信電波を捉えるには? のA.15を参照してください。 これらの携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHSなどの端末が使用するデジタル通信電波を捉えるためには、当該場所で通信されるデジタル電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度に行える検出機器を使用します。一定範囲内で行われるデジタル通信電波を捉え、その電界強度又は周波数を高精度に表示することができる検出機器を使用して、デジタル通信電波の有無を監視することで、機密情報の漏えいを防止、不利益な情報の搾取を防止することができます。 ●携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHSなどの端末による不正行為のリスク
不正な通信による不正行為
  • 5・試験会場の端末使用による不正な通信(ハイテクカンニングの不正行為)
密かに解答を手に入れようとしている者が、これらの場所で携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHSなどの端末、マイク、無線イヤホン、ブルートゥース機器等でシステムを組み密かに不正な通信を行い、各問題に対する回答を入手するハイテクカンニングが可能です。また、これらの端末及びシステム機器が密かに通信を開始しても気付きようがありません。これらの端末の通信はデジタル通信で行われます。詳しくは、Q.31 ハイテク・カンニングの仕組みとは?のA.31を参照してください。 これらの携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHSなどの端末が使用するデジタル通信電波を捉えるためには、当該場所で通信されるデジタル電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度に行える検出機器を使用します。一定範囲内で行われるデジタル通信電波を捉え、その電界強度又は周波数を高精度に表示することができる検出機器を使用して、デジタル通信電波の有無を監視することで、ハイテク・カンニングを抑止することができます。 ●携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHSなどの端末による情報漏えいのリスク
不正な通信による個人情報の漏えい
  • 6・端末使用による不正な遠隔室内盗聴・不正な遠隔室内録音(個人情報の漏えい)
密かに情報を手に入れようとしている者が、これらの場所で携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHSなどの端末を密かに仕掛けて盗聴器/盗撮器として使用、密かに仕掛けて位置情報を盗み取る機器として使用、リアルタイムに音声/映像を不正に送信する機器として使用して密かに不正な通信を行い、重要な個人情報を入手することが可能です。また、これらの端末が密かに通信を開始しても気付きようがありません。これらの端末の通信はデジタル通信で行われます。詳しくは、Q15 携帯電話端末のデジタル通信電波を捉えるには? のA.15を参照してください。 スマートフォン・i-phoneなどの端末を高度な遠隔操作を実行するためには、遠隔操作アプリを入手して端末に仕込めば高度な遠隔操作端末ができます。遠隔操作アプリとして、FlexSPY・Cerberus・Android Analyzer(通常版・Pro版)など、その他さまざまな遠隔操作アプリが入手できます。

FlexSPYアプリの実行可能な操作

  • 通話内容を聞く
  • パスコードを暴く
  • 通話を録音する
  • 居場所を特定する
  • 通話履歴を見る
  • LINEを覗く
  • 周囲の音を録音する
  • Facebookを覗く
  • SMSメッセージを見る
  • ファイルを見る
  • アプリを一覧から消す
  • その他の各種操作
※FlexSPYアプリの導入には、Androidはroot化が必要、iOSは脱獄が必要です。

Cerberusアプリの実行可能な操作

  • 通話記録取得
  • パスコードを暴く
  • 音声録音
  • 居場所を特定する
  • 写真を撮る
  • メッセージを表示する
  • 周囲の音を録音する
  • スマホをロックする
  • 録音データを送信する
  • ビデオを撮影する
  • SMSログの取得
  • デバイスメモリの消去
  • アプリを一覧から消す
  • デバイス情報取得
  • SDカードメモリの消去
  • その他の各種操作
※Cerberusアプリの導入には、root化、脱獄の作業は必要ありません。 このような高度な遠隔操作アプリを仕込んだスマートフォン・i-phoneなどの端末が、密かに室内・事務所・更衣室などに仕掛けられている場合には、個人情報、機密情報が知らぬ間に漏えいしてしまいます。各種遠隔操作は、密かにアンダーグラウンドでデジタル通信により実行されるため、情報の漏えいに気付きようがありません。 これらの携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHSなどの端末が使用するデジタル通信電波を捉えるためには、当該場所で通信されるデジタル電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度に行える検出機器を使用します。一定範囲内で行われるデジタル通信電波を捉え、その電界強度又は周波数を高精度に表示することができる検出機器を使用して、デジタル通信電波の有無を監視することで、重要な個人情報の漏えいを抑止することができます。 ●携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHSなどの端末による妨害のリスク
不正な通信による業務等の妨害
  • 7・塾・学校などの授業中の端末使用による不正な通信(授業の妨害)
  • 8・作業中の端末使用による不正通信(作業の妨害)
れらの場所で携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHSなどの端末の不正な通信は、授業・作業などに影響を及ぼします。これらの端末が密かに通信を開始しても気付きようがありません。これらの端末の通信はデジタル通信で行われます。詳しくは、Q15 携帯電話端末のデジタル通信電波を捉えるには? のA.15を参照してください。 これらの携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHSなどの端末が使用するデジタル通信電波を捉えるためには、当該場所で通信されるデジタル電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度に行える検出機器を使用します。一定範囲内で行われるデジタル通信電波を捉え、その電界強度又は周波数を高精度に表示することができる検出機器を使用して、デジタル通信電波の有無を監視することで、授業の妨害・作業の妨害等を抑止することができます。 ※携帯電話・スマートフォン・i-phone・PHS端末の不正使用の監視には、下記の優れた検出機器があります。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
Q33,盗聴器/盗撮器の不正使用を監視するには?
answer.33 無線式盗聴器・無線式盗撮器は、どのタイミングで密かに仕掛けられるか分りません。密かに仕掛けられた場合には、気付かないまま重要な個人情報及び重要な機密情報が漏えいしてしまいます。このようなリスクを回避する有効な対策として、定期的な監視を行う、または常に監視を行うことによって、無線式盗聴器・無線式盗撮器に対する防衛を行うことができます。 無線式盗聴器については、以下のQ項目を参照してください。 Q.1 盗聴器の発信電波を捉えるには? のA.1 Q.2 盗聴電波の周波数を確認するには? のA.2 Q.3 特殊盗聴器の発信電波を捉えるには? のA.3 Q.4 盗聴電波の音声信号を復調するには? のA.4 Q.5 電波環境と盗聴電波・盗撮電波を電波の波形と周波数で確認するには? のA.5
無線式盗撮器については、以下のQ項目を参照してください。 Q.5 電波環境と盗聴電波・盗撮電波を電波の波形と周波数で確認するには? のA.5 Q.8 アナログ無線式盗撮器の発信電波を捉えるには? のA.8 Q.9 盗撮電波の周波数を確認するには? のA.9 Q.11偽装型無線式盗撮器の発信電波を捉えるには? のA.11 Q.12盗撮電波の映像&音声信号を復調するには? のA.12 これらの無線式盗聴器・無線式盗撮器が使用するアナログ電波を捉えるためには、当該場所で通信されるアナログ電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度に行える検出機器を使用します。一定範囲内で行われるアナログ発信電波を捉え、その電界強度・音声の復調・映像の復調が高精度に行える検出機器を使用して、アナログ発信電波の有無を監視することで、個人情報の漏えいを防止、機密情報の漏えいを防止することができます。
※無線式盗聴器・無線式盗撮器の不正使用を監視するには、下記の優れた機器があります。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
【RFT-900H】 【RFT-900H】 \39,000- RFT-900Hは1MHz~1000MHzの周波数帯域を自動スキャンし、盗聴器・盗撮器等からの発信電波及び送信電波を探知・検出・発見すると、その発信電波・送信電波に音声信号が含まれている場合には、その音声信号を 瞬時に復調し内部スピーカーから出します。既存の盗聴器等が使用するV HF帯・UHF帯及び特殊な周波数を使用する盗聴器(500MHz~800MHz) 等の音声信号の有無を瞬時に確認できるため、盗聴器等の有無を確認することができます。また、既存の盗撮器及び特殊な周波数を使用する盗撮器 等からの発信・送信される電波(映像信号・音声信号)の音声信号を瞬時に確認できるため、盗撮器等の有無を確認することができます。 ※【RFT-900H】の詳細は、こちらから、参照ください。
【WCH-8001PH】プロフェッショナル・ワイヤレスカメラハンター 【WCH-8001PH】 \99,800- WCH-8001PHは、アナログ無線式超小型ピンホールカメラ盗撮器・アナログ無線式超小型偽装ピンホールカメラ盗撮器等を使用した盗撮器を高精度で探査・探知・検出・発見・調査が自動スキャンで行えるハンドヘルド・ワイヤレスカメラ探知器です。アナログ無線式盗撮器等が使用する周波数帯、900MHz帯・1200MHz帯・2400MHz帯・5800MHz帯を自動スキャンし、探査・探知・検出・発見・調査した映像信号(及び音声信号)を液晶画面に映し出します。探査・探知・検出・発見・調査した映像信号に音声信号が含まれている場合には、その音声信号を音声に復調します。復調した音声は付属のイヤホンから聞くことができます。 ※【WCH-8001PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
【WCH-8002PD】プロフェッショナル・ワイヤレスカメラハンター 【WCH-8002PH】 \168,000- WCH-8002PHは、アナログ無線式超小型ピンホールカメラ盗撮器・アナログ無線式超小型偽装ピンホールカメラ盗撮器等を使用した盗撮器を高精度で探査・探知・検出・発見・調査が自動スキャンで行えるハンドヘルド・ワイヤレスカメラ探知器です。アナログ無線式盗撮器等が使用する周波数帯、900MHz帯・1200MHz帯・2400MHz帯・5800MHz帯を自動スキャンし、探査・探知・検出・発見・調査した映像信号(及び音声信号)を液晶画面に映し出します。探査・探知・検出・発見・調査した映像信号に音声信号が含まれている場合には、その音声信号を音声に復調します。復調した音声は内蔵スピーカーから出します。映像信号(及び音声信号の有無)周波数1200MHz帯・2400MHz帯・5800MHz帯のバンドを同時に捉えることができ、各バンドの周波数をロック/保護することができます。ロック/保護された各バンドの映像(音声の有無)は個別に液晶画面に映し出すことができます。また音声信号が含まれている場合には音声に復調して内蔵スピーカーから出します。 ※【WCH-8002PH】の詳細は、こちらから、参照ください。
アナログ電波を使用したの無線式盗聴器・無線式盗撮器とは異なり、デジタル電波を使用した無線式盗聴器(海外製)が存在します。また、盗聴器の代用として使用する携帯電話端末・携帯電話改造型盗聴器・遠隔操作アプリを仕込んだスマートフォン及びi-phoneなど、デジタル発信電波を使用した盗聴器(海外製)・デジタル通信を使用した盗聴器代用型携帯電話端末があります。 デジタル式の盗聴器・盗撮器については、以下のQ項目を参照してください。 Q.6 デジタル式盗聴器の通信電波を捉えるには? A.6 Q.10 デジタル型無線式盗撮器の発信電波を捉えるには? A.10 これらのデジタル型盗聴器(海外製)・携帯電話端末は、デジタル電波を使用するためアナログ電波対応の検出器・広帯域受信機(ワイドバンドレシーバー)などでは、デジタル発信電波、デジタル通信電波を検出することはできません。これらのデジタル型盗聴器(海外製)・携帯電話端末を監視するには、デジタル電波対応の検出器が必要です。 これらのデジタル型盗聴器(海外製)・携帯電話端末が使用するデジタル発信電波・デジタル通信電波を捉えるためには、当該場所で通信されるデジタル電波の探査・探知・検出・発見・調査を高精度に行える検出機器を使用します。一定範囲内で行われるデジタルは発信電波・デジタル通信電波を捉え、その電界強度を高精度に表示することができる検出機器を使用して、デジタル発信電波・デジタル通信電波の有無を監視することで、、個人情報の漏えいを防止、機密情報の漏えいを防止することができます。 ※デジタル型盗聴器・携帯電話代用型盗聴器の不正使用の監視には、下記の優れた検出機器があります。
DTK-6--H 【DTK-605H】 \48,000- DTK-605Hは50MHz~6000MHzの広範囲の周波数に対応できるため、既存の無線式盗聴器・無線式盗撮器等を含め特 殊な周波数を発信する無線式盗聴器・無線式盗撮器・GPS発信機器(GPS追跡装置・GPSトラッカー)・携帯電話等の 発信電波・通信電波の探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えるハンドヘルド・ピンホールレンズ検出機能搭載 アナログ電波・デジタル電波対応多機能検出器です。多彩な探知モード機能(6モード):アナログ検出モード・アナロ グ&デジタル検出モード・ビープ音モード(警告音モード)・バイブレーションモード(振動モード)・アコースチック モード(音響モード)・ピンホールレンズ検出機能(LEDファインダー)など、使用環境に対応した電波&ピンホールレ ンズの探査・探知・検出・発見・調査が高精度に行えます。※【DTK-605H】の詳細は、こちらから、参照ください。から、参照ください。
当社は、プライバシーを守る為の あらゆる特殊機器を専門に販売しています。
盗聴機器発見機・検出機・ジャマー機・セキュリティー機器のご相談ならフリーダイヤルでお気軽にお問合せください
0120-49-2026

24時間年中無休・各種機器の事までお気軽にご相談ください。